2003.05.09

【SARS速報】  厚労省、疑い例含め全例のコロナウイルス検査実施を決定

 厚生労働省は5月8日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の対策専門委員会を開き、SARSの「疑い例」に対しても全例、コロナウイルス検査を実施し、結果が陽性なら、「可能性例」に引き上げることを決めた。検査は任意だが、費用は公費でまかなわれる。

 コロナウイルスの検査としては、当面PCR検査とウイルス分離を実施する。検査の結果のうち、一つでも陽性であれば、疑い例から可能性例に引き上げる。逆に検査結果がすべて陰性だったとしても、変更(引き下げ)はしない。

 検査は地方衛生研究所か国立感染症研究所で実施する。検査のうち、PCR検査はBSLレベル2で、ウイルス分離はBSL3レベルで行う。検体は、ウイルス分離用として、咽頭ぬぐい液、喀痰などの上気道検体、尿、便、抗体検査用として血清を採取し、送付することになった。

 今回の改訂は、WHOが5月1日付けで症例定義を改訂したことを受けて開催されたものだが、WHOの症例定義で規定されている症例定義の中途変更(症例の再定義)については、議論が先送りになっている。このため、検査の結果、コロナウイルス陽性になった疑い例で、結果が出た時は患者がすっかり回復していた場合、可能性例として入院するべきか、といった想定が不十分のままであり、今後、自治体や医療機関などで混乱が起こる可能性もありそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:244
  2. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:482
  3. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:422
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:558
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:311
  8. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  9. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  10. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:114