2003.05.09

【SARS速報】  厚労省、疑い例含め全例のコロナウイルス検査実施を決定

 厚生労働省は5月8日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の対策専門委員会を開き、SARSの「疑い例」に対しても全例、コロナウイルス検査を実施し、結果が陽性なら、「可能性例」に引き上げることを決めた。検査は任意だが、費用は公費でまかなわれる。

 コロナウイルスの検査としては、当面PCR検査とウイルス分離を実施する。検査の結果のうち、一つでも陽性であれば、疑い例から可能性例に引き上げる。逆に検査結果がすべて陰性だったとしても、変更(引き下げ)はしない。

 検査は地方衛生研究所か国立感染症研究所で実施する。検査のうち、PCR検査はBSLレベル2で、ウイルス分離はBSL3レベルで行う。検体は、ウイルス分離用として、咽頭ぬぐい液、喀痰などの上気道検体、尿、便、抗体検査用として血清を採取し、送付することになった。

 今回の改訂は、WHOが5月1日付けで症例定義を改訂したことを受けて開催されたものだが、WHOの症例定義で規定されている症例定義の中途変更(症例の再定義)については、議論が先送りになっている。このため、検査の結果、コロナウイルス陽性になった疑い例で、結果が出た時は患者がすっかり回復していた場合、可能性例として入院するべきか、といった想定が不十分のままであり、今後、自治体や医療機関などで混乱が起こる可能性もありそうだ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176