2003.05.08

【SARS速報】 WHOへの新規患者報告、7日は186人、うち中国が159人

 世界保健機関(WHO)が5月7日に発表した重症急性呼吸器症候群(SARS)の患者報告数は、2002年11月1日からの累積で6903人に達した。そのうち死者数は495人となった。7日の新規報告数は186人で、中国からの159人が依然として最多。特に北京からの報告が97人で、新規報告数の半数以上が北京に集中している。

 このほか新規患者は、香港8人、台湾9人、フィリピン7人、フランスとドイツ、それにモンゴルがそれぞれ一人となっている。フィリピンは今回の7人を加えて累計で10人となった。この急増が流行拡大を反映したものかどうか見守る必要がありそうだ。香港は一桁台に落ち着いてきた。台湾は、4月30日が12人、5月1日11人、2日11人と10台が続き感染拡大が懸念されたが、3日以降は合計25人で1日平均5人程度に下がってきている。
 
 死者数は、2002年11月1日からの累積で495人と500人に迫った。7日の新たな死者数は合計17人で、香港11人、中国5人、台湾一人となっている。(三和護)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180