2003.05.08

【SARS速報】 WHOへの新規患者報告、7日は186人、うち中国が159人

 世界保健機関(WHO)が5月7日に発表した重症急性呼吸器症候群(SARS)の患者報告数は、2002年11月1日からの累積で6903人に達した。そのうち死者数は495人となった。7日の新規報告数は186人で、中国からの159人が依然として最多。特に北京からの報告が97人で、新規報告数の半数以上が北京に集中している。

 このほか新規患者は、香港8人、台湾9人、フィリピン7人、フランスとドイツ、それにモンゴルがそれぞれ一人となっている。フィリピンは今回の7人を加えて累計で10人となった。この急増が流行拡大を反映したものかどうか見守る必要がありそうだ。香港は一桁台に落ち着いてきた。台湾は、4月30日が12人、5月1日11人、2日11人と10台が続き感染拡大が懸念されたが、3日以降は合計25人で1日平均5人程度に下がってきている。
 
 死者数は、2002年11月1日からの累積で495人と500人に迫った。7日の新たな死者数は合計17人で、香港11人、中国5人、台湾一人となっている。(三和護)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14