2003.05.08

【SARS速報】  東京都、流行地域から帰国の生徒、教職員は無条件で10日間自宅待機に

 東京都教育庁は5月6日、SARSの流行が確認されている地域と中国全土から帰国した児童・生徒と教職員は、症状の有無にかかわらず10日間の自宅待機とする旨を、都立学校長と区市町村の教育委員会あてに通知した。併せて、自宅待機中の児童・生徒に対しては、課題を工夫するなど学習上の配慮をすること、出席を停止させている児童・生徒のプライバシーに配慮するよう教職員を指導すること、保護者を含めSARSに関する情報提供に努めること、などを指示した。なお、教職員の流行地域への渡航はあらかじめ自粛するよう、指導を求めている。教職員を含めたSARS対応を明確に規定したのは全国でも初めてだという。

 この件に関するプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正