2003.05.06

FDAが肺癌の新治療薬を承認、化学療法に無反応な患者が対象

 米国食品医薬品局(FDA)は5月5日、進行性非小細胞肺癌の新しい治療薬、gefitinib (商品名:Iressa)を承認した。従来の白金化合物とドセタキセルによる化学療法に反応しない患者を対象としたもの。FDAによると、gefitinibは癌細胞の成長を促す一端を担う、数種類のチロシンキナーゼを遮断する働きがあるという。それらのチロシンキナーゼの中には、表皮細胞成長因子受容体(EGFR)に関連するものも含まれている。

 治験では、非小細胞肺癌の患者216人に対してgefitinibを投与したところ、腫瘍の縮小が50%以上みられ、それが1カ月以上持続した患者は、約10%だったという。治療に対する反応の持続期間の中央値は、7カ月だった。中には、より著しい改善があった患者もいたという。男女別では、女性の反応率は約17%、男性は約5%だった。
なお、2つの大規模無作為化試験では、非小細胞肺癌患者に対する最初の治療法として、白金化合物をベースに行う化学療法とgefitinibの併用を試みたが、化学療法のみと比べ、治療の有効性はみられなかったという。

 一方、gefitinibの有害作用として、重篤な間質性肺疾患が報告されている。FDAによると、その割合は日本のデータでは約2%、米国では約0.3%で、その約3分の1が死に到っている。FDAは、gefitinibの進行性非小細胞肺癌の治療に対する有益性は、この有害作用を上回るとの判断を下している。

 Iressaの製造元は、AstraZeneca社(デラウエア州Wilmington)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正