2003.05.06

FDAが肺癌の新治療薬を承認、化学療法に無反応な患者が対象

 米国食品医薬品局(FDA)は5月5日、進行性非小細胞肺癌の新しい治療薬、gefitinib (商品名:Iressa)を承認した。従来の白金化合物とドセタキセルによる化学療法に反応しない患者を対象としたもの。FDAによると、gefitinibは癌細胞の成長を促す一端を担う、数種類のチロシンキナーゼを遮断する働きがあるという。それらのチロシンキナーゼの中には、表皮細胞成長因子受容体(EGFR)に関連するものも含まれている。

 治験では、非小細胞肺癌の患者216人に対してgefitinibを投与したところ、腫瘍の縮小が50%以上みられ、それが1カ月以上持続した患者は、約10%だったという。治療に対する反応の持続期間の中央値は、7カ月だった。中には、より著しい改善があった患者もいたという。男女別では、女性の反応率は約17%、男性は約5%だった。
なお、2つの大規模無作為化試験では、非小細胞肺癌患者に対する最初の治療法として、白金化合物をベースに行う化学療法とgefitinibの併用を試みたが、化学療法のみと比べ、治療の有効性はみられなかったという。

 一方、gefitinibの有害作用として、重篤な間質性肺疾患が報告されている。FDAによると、その割合は日本のデータでは約2%、米国では約0.3%で、その約3分の1が死に到っている。FDAは、gefitinibの進行性非小細胞肺癌の治療に対する有益性は、この有害作用を上回るとの判断を下している。

 Iressaの製造元は、AstraZeneca社(デラウエア州Wilmington)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97