2003.05.06

FDAが肺癌の新治療薬を承認、化学療法に無反応な患者が対象

 米国食品医薬品局(FDA)は5月5日、進行性非小細胞肺癌の新しい治療薬、gefitinib (商品名:Iressa)を承認した。従来の白金化合物とドセタキセルによる化学療法に反応しない患者を対象としたもの。FDAによると、gefitinibは癌細胞の成長を促す一端を担う、数種類のチロシンキナーゼを遮断する働きがあるという。それらのチロシンキナーゼの中には、表皮細胞成長因子受容体(EGFR)に関連するものも含まれている。

 治験では、非小細胞肺癌の患者216人に対してgefitinibを投与したところ、腫瘍の縮小が50%以上みられ、それが1カ月以上持続した患者は、約10%だったという。治療に対する反応の持続期間の中央値は、7カ月だった。中には、より著しい改善があった患者もいたという。男女別では、女性の反応率は約17%、男性は約5%だった。
なお、2つの大規模無作為化試験では、非小細胞肺癌患者に対する最初の治療法として、白金化合物をベースに行う化学療法とgefitinibの併用を試みたが、化学療法のみと比べ、治療の有効性はみられなかったという。

 一方、gefitinibの有害作用として、重篤な間質性肺疾患が報告されている。FDAによると、その割合は日本のデータでは約2%、米国では約0.3%で、その約3分の1が死に到っている。FDAは、gefitinibの進行性非小細胞肺癌の治療に対する有益性は、この有害作用を上回るとの判断を下している。

 Iressaの製造元は、AstraZeneca社(デラウエア州Wilmington)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0