2003.05.06

【日本小児科学会速報】 【再掲】エコーウイルス13型による無菌性髄膜炎で、国内初の流行が報告

 エコーウイルス13型(E13)による無菌性髄膜炎は、2002年に全国で1200人以上の患者が報告される大きな流行が発生している。従来は世界的にもまれな型だったが、2000〜2001年に欧州、豪州、米国などで数10例の無菌性髄膜炎患者が発生した後、2001年秋に福島県で国内初の流行があった。この時の臨床的状況について、福島県相馬市の公立相馬総合病院小児科の大西周子氏らが4月26日、日本小児科学会学術集会のポスターセッションで報告した。

 2001年9〜12月に相馬総合病院小児科を発熱、頭痛、嘔吐などを訴えて来院した50人中、38人の髄液、咽頭ぬぐい液、肛門ぬぐい液のいずれかからE13が検出された。髄液採取は無菌性髄膜炎が疑われた36人に実施され、26人が無菌性髄膜炎と診断された。この26人中E13ウイルスが検出されたのは22人(84.6%)であり、その全例に頭痛と37.5度以上の発熱、1例を除き吐気、嘔吐が見られた。22例は全員入院加療が行われた。

 感染が確認された38人のうち髄膜炎(細胞数10/μl以上)を発症したのは57.9%に当たる22人であり、他の最終診断名は髄膜症(細胞数10/μl未満)、扁桃炎、咽頭炎、胃腸炎、ウイルス性発疹症などとされた。

 E13型ウイルスによる無菌性髄膜炎の臨床的特徴は、エコーウイルスの各血清型やコクサッキーB群など、他のエンテロウイルスによる同症と同様だったという。分離されたE13は欧米で分離された株との類似度が98〜99%だった。ただし、「渡航者の有無など疫学的な流行の経緯は確認されなかった」(大西氏)と言う。(中沢真也)

■ 修正 ■
 冒頭に、「エコーウイルス13型(E13)による無菌性髄膜炎は、2002年に全国で1200人以上の患者が報告される大きな流行が発生している」を加筆しました。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0