2003.05.06

【日本小児科学会速報】 【再掲】エコーウイルス13型による無菌性髄膜炎で、国内初の流行が報告

 エコーウイルス13型(E13)による無菌性髄膜炎は、2002年に全国で1200人以上の患者が報告される大きな流行が発生している。従来は世界的にもまれな型だったが、2000〜2001年に欧州、豪州、米国などで数10例の無菌性髄膜炎患者が発生した後、2001年秋に福島県で国内初の流行があった。この時の臨床的状況について、福島県相馬市の公立相馬総合病院小児科の大西周子氏らが4月26日、日本小児科学会学術集会のポスターセッションで報告した。

 2001年9〜12月に相馬総合病院小児科を発熱、頭痛、嘔吐などを訴えて来院した50人中、38人の髄液、咽頭ぬぐい液、肛門ぬぐい液のいずれかからE13が検出された。髄液採取は無菌性髄膜炎が疑われた36人に実施され、26人が無菌性髄膜炎と診断された。この26人中E13ウイルスが検出されたのは22人(84.6%)であり、その全例に頭痛と37.5度以上の発熱、1例を除き吐気、嘔吐が見られた。22例は全員入院加療が行われた。

 感染が確認された38人のうち髄膜炎(細胞数10/μl以上)を発症したのは57.9%に当たる22人であり、他の最終診断名は髄膜症(細胞数10/μl未満)、扁桃炎、咽頭炎、胃腸炎、ウイルス性発疹症などとされた。

 E13型ウイルスによる無菌性髄膜炎の臨床的特徴は、エコーウイルスの各血清型やコクサッキーB群など、他のエンテロウイルスによる同症と同様だったという。分離されたE13は欧米で分離された株との類似度が98〜99%だった。ただし、「渡航者の有無など疫学的な流行の経緯は確認されなかった」(大西氏)と言う。(中沢真也)

■ 修正 ■
 冒頭に、「エコーウイルス13型(E13)による無菌性髄膜炎は、2002年に全国で1200人以上の患者が報告される大きな流行が発生している」を加筆しました。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:240
  3. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:53
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:164
  6. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:102
  7. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:172
  8. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:75
  9. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  10. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正