2003.05.06

【日本小児科学会速報】 【再掲】エコーウイルス13型による無菌性髄膜炎で、国内初の流行が報告

 エコーウイルス13型(E13)による無菌性髄膜炎は、2002年に全国で1200人以上の患者が報告される大きな流行が発生している。従来は世界的にもまれな型だったが、2000〜2001年に欧州、豪州、米国などで数10例の無菌性髄膜炎患者が発生した後、2001年秋に福島県で国内初の流行があった。この時の臨床的状況について、福島県相馬市の公立相馬総合病院小児科の大西周子氏らが4月26日、日本小児科学会学術集会のポスターセッションで報告した。

 2001年9〜12月に相馬総合病院小児科を発熱、頭痛、嘔吐などを訴えて来院した50人中、38人の髄液、咽頭ぬぐい液、肛門ぬぐい液のいずれかからE13が検出された。髄液採取は無菌性髄膜炎が疑われた36人に実施され、26人が無菌性髄膜炎と診断された。この26人中E13ウイルスが検出されたのは22人(84.6%)であり、その全例に頭痛と37.5度以上の発熱、1例を除き吐気、嘔吐が見られた。22例は全員入院加療が行われた。

 感染が確認された38人のうち髄膜炎(細胞数10/μl以上)を発症したのは57.9%に当たる22人であり、他の最終診断名は髄膜症(細胞数10/μl未満)、扁桃炎、咽頭炎、胃腸炎、ウイルス性発疹症などとされた。

 E13型ウイルスによる無菌性髄膜炎の臨床的特徴は、エコーウイルスの各血清型やコクサッキーB群など、他のエンテロウイルスによる同症と同様だったという。分離されたE13は欧米で分離された株との類似度が98〜99%だった。ただし、「渡航者の有無など疫学的な流行の経緯は確認されなかった」(大西氏)と言う。(中沢真也)

■ 修正 ■
 冒頭に、「エコーウイルス13型(E13)による無菌性髄膜炎は、2002年に全国で1200人以上の患者が報告される大きな流行が発生している」を加筆しました。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正