2003.04.22

【SARS速報】  シンガポール、医師の複数病院勤務禁止など、院内感染防止策を強化

 4月21日現在で184人と、香港、中国に次いで患者数が多いシンガポールでは、院内感染による感染を押さえ込むため、医師の複数病院勤務を原則禁止するなど、新たな対策に乗り出した。

 シンガポール政府は21日、私立病院間で感染が発生するリスクを減らす目的で、22日から、私立病院に勤務する全医師に対し、勤務する病院を1カ所に限定して登録するよう指示した。自営、または派遣看護師、および代診医(英国特有の制度)も同じ措置が適用される。

 また、患者についても、病院間の入院患者の転送は禁止、21日以内の再入院の場合、同じ病院の利用が義務付けられる(既に公立病院では実施中)。ただし、経済的理由がある場合に限り、公的病院への転院を許されることとした。ただし、専門医が緊急に必要とされる場合など、緊急の必要性がある場合は例外となる。

 シンガポールから世界保健機関(WHO)に報告された累計患者数は184人、死亡者16人(うち二人は確定検査待ち)だが、このほかに疑い患者が82人、自宅隔離者が793人にのぼる。人口約400万人で東京都ほどの面積の都市型国家で、貿易と観光を収入源にしているだけに危機感は強い。4月21日に入院した新規患者は6人だが、そのうち5人は病院における見舞い、または別の病気で来院中にSARSに感染しており、院内感染対策が急務になっていた。

 本件に関するシンガポール政府のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ SARSダイレクト ■
◆ 2003.4.22 緊急情報】 重症急性呼吸器疾患(SARS)ダイレクト
「リバビリンの推奨投与法」が論文化、カナダ医師会雑誌がオンライン公開、ほか

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25