2003.04.22

【SARS速報】  シンガポール、医師の複数病院勤務禁止など、院内感染防止策を強化

 4月21日現在で184人と、香港、中国に次いで患者数が多いシンガポールでは、院内感染による感染を押さえ込むため、医師の複数病院勤務を原則禁止するなど、新たな対策に乗り出した。

 シンガポール政府は21日、私立病院間で感染が発生するリスクを減らす目的で、22日から、私立病院に勤務する全医師に対し、勤務する病院を1カ所に限定して登録するよう指示した。自営、または派遣看護師、および代診医(英国特有の制度)も同じ措置が適用される。

 また、患者についても、病院間の入院患者の転送は禁止、21日以内の再入院の場合、同じ病院の利用が義務付けられる(既に公立病院では実施中)。ただし、経済的理由がある場合に限り、公的病院への転院を許されることとした。ただし、専門医が緊急に必要とされる場合など、緊急の必要性がある場合は例外となる。

 シンガポールから世界保健機関(WHO)に報告された累計患者数は184人、死亡者16人(うち二人は確定検査待ち)だが、このほかに疑い患者が82人、自宅隔離者が793人にのぼる。人口約400万人で東京都ほどの面積の都市型国家で、貿易と観光を収入源にしているだけに危機感は強い。4月21日に入院した新規患者は6人だが、そのうち5人は病院における見舞い、または別の病気で来院中にSARSに感染しており、院内感染対策が急務になっていた。

 本件に関するシンガポール政府のプレスリリースはこちらまで。(中沢真也)

■ SARSダイレクト ■
◆ 2003.4.22 緊急情報】 重症急性呼吸器疾患(SARS)ダイレクト
「リバビリンの推奨投与法」が論文化、カナダ医師会雑誌がオンライン公開、ほか

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176