2003.04.22

「オイグルコン」「ラニラピッド」の販売権、山之内から中外へ移管

 山之内製薬と中外製薬は4月21日、中外製薬が製造、山之内製薬が販売している経口血糖降下薬「オイグルコン」(一般名:グリベンクラミド)と強心薬「ラニラピッド」(一般名:メチルジゴキシン)について、10月1日付けで販売権を中外製薬に移管すると発表した。販売契約期間の満了に伴う措置。

 両薬とも古くからわが国で使用されている薬剤で、グリベンクラミドは1971年、メチルジゴキシンは1979年から販売されている。山之内製薬における両薬の売上げ合計額は、2002年3月期で約80億円。この件に関する中外製薬のプレス・リリースはこちら(PDF形式)、山之内製薬のニュース・リリースはこちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正