2003.04.18

【SARS速報】 FDA、SARS患者及び流行地からの帰国者に献血制限

 米国食品医薬品局(FDA)は4月17日、重症急性呼吸器症候群(SARS)患者やSARS流行地からの帰国者の献血を、一定期間控えるよう全米の献血センターに対し勧告した。輸血用血液へのSARSウイルス混入を避けるための措置。

 献血制限の対象および期間は、SARS患者が症状回復後28日間、SARS流行地への渡航者が帰国から14日間。献血制限の対象となる渡航先は、現時点で中国全土、ベトナム・ハノイとシンガポールの3カ所が挙がっている。

 さらに、献血後14日以内にSARS様の症状が出た場合は、すみやかに献血センターに申し出るよう、献血者に要請することも勧告した。この献血制限による献血量の減少は、最大でも0.4%とFDAは見積もっている。

 なお、SARSが血液を介して感染するとの証拠は得られていないが、SARS患者の一部で血液中からSARSウイルスが見出されている。

 この件に関するFDAのプレス・リリースは、こちらまで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127