2003.04.17

FDAがシンバスタチンに、心筋梗塞や脳卒中リスク減少効果などのラベル表示許可

 米国食品医薬品局(FDA)は4月16日、シンバスタチン(商品名:Zocor)について、心筋梗塞や脳卒中のリスクを減らし、バイパス手術や血管形成術の必要性を減らす効果があるとするラベル表示を許可した。これは、2万人以上を対象に行った大規模試験、「Heart Protection Study 」(HPS)の結果を受けたもの。Zocorは1991年に、抗コレステロール薬としてFDAの認可を得ている。

 HPSでは、心臓病や糖尿病、末梢性動脈疾患の既往があったり、また脳卒中やその他脳血管疾患の病歴がある男女、合わせて2万536人の被験者を対象に、プラセボ対照二重盲検試験を行った。投与群には、シンバスタチン1日40mgを投与した。試験開始時の被験者の平均年齢は64歳、LDL(低比重リポ蛋白)-C値の平均は131mg/dlで、平均追跡期間は5年だった。

 その結果、シンバスタチン投与によって、冠動脈性心疾患による死亡リスクが18%、死に至らない心筋梗塞の発症リスクが38%、それぞれ減少した。また、脳卒中の発症リスクは25%減り、冠動脈または冠動脈以外の血管再生術を行う必要性は、それぞれ30%と16%減ったという。

 中でも、糖尿病や末梢性血管疾患、脳血管疾患はあるものの、心臓病の徴候が見られない人についても、シンバスタチン投与が有用であった点は重要だという。

 なお、シンバスタチンの投与量は、患者の特性や治療目的に合わせて、1日5〜80mgの間にすべきだとしている。

 Zocorの製造元は、米Merck and Co社(ニュージャージー州Whitehouse Station)。詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正