2003.04.17

鎮咳作用を持たない初のOTC去痰薬、「クールワン」「ストナ」ブランドから発売

 杏林製薬と佐藤製薬は4月16日、「咳を止めずに痰の排出性を高める」との発想に基づく大衆薬(OTC)を、両社の風邪薬ブランド名を冠した新シリーズ薬として発売した。従来の「鎮咳去痰薬」とは異なり、鎮咳成分を配合しない初の去痰専用薬として、のどの不調に悩む人向けに売り出す。

 のどの不調を訴える人向けのOTC薬は、これまでは「咳を止め、痰を切る」との発想に基づき、リン酸コデインなどの鎮咳成分と去痰成分とを配合した「鎮咳去痰薬」のみが販売されていた。しかし、痰がからむなど“湿った咳”が出る人の中には、痰症状の改善に特化した薬剤のニーズが高いことが、成人300人を対象とした調査で判明。鎮咳成分を配合しない去痰専用薬の開発につながったという。

 有効成分は、医療用薬としても使われているカルボシステイン(医療用薬の商品名:ムコダインなど)と、塩酸ブロムヘキシン(同:ビソルボンなど)。ソフトカプセル剤として杏林製薬、佐藤製薬と東洋カプセルの3社が共同開発、今年3月にスイッチOTC薬として製造承認を取得した。

 商品名は杏林製薬が「クールワン去たんソフトカプセル」、佐藤製薬が「ストナ去たんカプセル」で、いずれも1カプセル中にカルボシステインが125mg、塩酸ブロムヘキシンが2mg含まれている。大人(15歳以上)は1回2カプセル、小児(8〜15歳)は1回1カプセルを、1日3回服用する。

 希望小売価格は、「ストナ去たんカプセル」が18カプセル入り1箱1080円、36カプセル入り1箱1900円で、「クールワン去たんソフトカプセル」が24カプセル入り1箱1400円、48カプセル入り1箱2500円(いずれも税別)。両社とも出荷額ベースで初年度に2億円の売上げを見込んでいる。この件に関するニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。(内山郁子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正