2003.04.11

ハウスダストでアトピーが出る男性、前立腺癌のリスクが3倍に

 オーストラリア南西部沿岸の町Busseltonで行なわれている健康全般に関する長期コホート研究「the Busselton Health Study」のサブセットとして、アレルギー疾患やアトピーと個別の癌発症の関連を調査したところ、ハウスダストに対するアレルギー反応がある男性は、前立腺癌の相対リスクが2.90倍、花粉症の男性はメラノーマの相対リスクが2.39倍と、それぞれ有意に高いことが分かった。研究結果は、American Journal of Epidemiology誌4月号に掲載された。

 オーストラリアのWestern Australia大学公衆衛生学部のAlison Talbot-Smith氏らの研究グループは、Busselton Health Studyのうち、1981年に追跡開始した癌病歴のないコホート3308人(男性1522人、女性1786人)について1999年まで追跡し、特定の癌発症と、アトピー、およびアレルギー疾患の関連性を調査した。ただし、アトピーに関する調査は皮膚刺激テストを受けた1005人(男性463人、女性542人)について実施された。

 その結果は複雑で、癌によって相対リスクが上がる場合と低下する場合があることが分かった。ハウスダストに対してアトピー反応がある男性は、前立腺癌の発症リスクが2.90倍と有意に高かった。ほかに、アトピー全体で2.49倍、ぜんそくで1.89倍と有意に高かった。また、男性で花粉症歴がある場合、メラノーマ発症の相対リスクが2.39倍と有意に高かった。女性では有意差はなかった。このほか、ぜんそくと花粉症がある場合、大腸癌については発症リスクが低い傾向が、また白血病については高い傾向が見られたが、いずれも有意差はなかった。

 著者らによれば、アレルギー性疾患とがん発症リスクについての研究は数多いが、アトピーまで含めた前向きコホート研究は二つしかなく、いずれも研究デザインが十分でないという。

 この論文のタイトルは、「Allergy, Atopy, and Cancer: A Prospective Study of the 1981 Busselton Cohort」。アブストラクトはこちらまで。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335