2003.04.10

【SARS速報】  香港のマンション集団感染、閉鎖前に116家族が脱出していた

 重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行している香港では、新たに複数のマンションで感染者が発生するなど、市中の感染拡大に歯止めがかからない。そのなかで香港警察が隔離該当住民を公開捜索するという「事件」があった。住民を探し出して保健当局への連絡を要請するまでに、警察は1週間を要した。その間に新たな感染を引き起こした可能性もある。いったん大都市圏に広がった感染症の拡大を防ぐことがいかに難しいかを示している。

 香港警察当局は4月4日、大量のSARS患者が発生したことで封鎖された九龍地区の大規模マンション群「アモイガーデン」E棟の住民のうち、封鎖前に「脱出」した113家族に対し、当局に連絡をとるよう呼びかけを行なっていることを明らかにした。4日時点で既に55家族と連絡がついていたものの、残り58家族が不明だった。その後、7日になって警察はこれらの家族との連絡がついたという声明を出し、公式には、捜索は無事決着した。

 アモイガーデンでは3月28日頃から多数の住民がSARSを発症して入院しており、身近に感染者が相次いで発生したことを恐れた住民が大挙して「脱出」を図ったものとみられる。

 住民たちにとってみれば、自分や家族を守るために、多数の感染者が発生した環境からいち早く逃れようとするのは無理もないことなのだが、感染の可能性が高いハイリスクグループがさらに多くの人々と接触すれば、流行に拍車をかけることになる。香港政府が警察を動員して捜索に乗り出したのもまた当然のことだ。

 なお、アモイガーデンE棟の封鎖は4月9日深夜で解除になった。しかし、4月10日現在もアモイガーデンから一人のSARS患者が病院に収容されている。香港の累計患者数は998人、死亡者は30人になった。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:24
  2. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:92
  4. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:22
  5. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:15
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:498
  7. インフル検査「陰性」こそ要注意 Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:163
  8. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:35
  9. 上行から弓部大動脈置換術の技を学ぶ―その3 動画で学ぶ「神の手」テクニック FBシェア数:74
  10. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正