2003.04.09

【SARS速報】  広東省調査のWHOチーム、調査を終了

 4月3日から広東省を訪れていた世界保健機関(WHO)の専門家チームは調査を終え、まもなく公式の報告を発表する。同チームは、現地の調査とともに、サーベイランスシステムの強化、感染防止、臨床管理、検査方法の確立などを支援してきた。広東省は、香港のホテルに滞在して世界各地にSARS感染をもたらすことになった発端患者の出身地でもあり、詳しい調査が待たれていた。

 北京では、先にSARSで死亡した国際労働機関(ILO)技能開発局長のPekka Aro氏に関連して、国際機関のスタッフなどに動揺が広まっているため、WHO北京支局の疫学担当者が接触先の追跡調査を行っている。今のところ、実態は判明していないという。このほか中国では、初の患者が発生した上海からWHOに対して訪問要請があがっている。

 WHOが4月8日に発表した重症急性呼吸器症候群の患者数は、全世界で2671人、死亡者数は103人になった。報告があった国数は17カ国(WHOは台湾を中国の一地域としている)。前日の報告から、患者数70人、死亡者数5人増加した。

 オーストラリア:死亡者数を含む患者数1(死亡者数0、以下同)
 ブラジル:1(0)
 カナダ:91(10)
 中国:1279(53)
 香港:928(25)
 台湾:19(0)
 フランス:4(0)
 ドイツ:5(0)
 イタリア:3(0)
 マレーシア:1(1)
 アイルランド:1(0)
 ルーマニア:1(0)
 シンガポール:113(8)
 スペイン:1(0)
 スイス:1(0)
 タイ:7(2)
 英国:5(0)
 米国:148(0)
 ベトナム:62(4)

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reported へ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837