2003.04.09

【SARS速報】  広東省調査のWHOチーム、調査を終了

 4月3日から広東省を訪れていた世界保健機関(WHO)の専門家チームは調査を終え、まもなく公式の報告を発表する。同チームは、現地の調査とともに、サーベイランスシステムの強化、感染防止、臨床管理、検査方法の確立などを支援してきた。広東省は、香港のホテルに滞在して世界各地にSARS感染をもたらすことになった発端患者の出身地でもあり、詳しい調査が待たれていた。

 北京では、先にSARSで死亡した国際労働機関(ILO)技能開発局長のPekka Aro氏に関連して、国際機関のスタッフなどに動揺が広まっているため、WHO北京支局の疫学担当者が接触先の追跡調査を行っている。今のところ、実態は判明していないという。このほか中国では、初の患者が発生した上海からWHOに対して訪問要請があがっている。

 WHOが4月8日に発表した重症急性呼吸器症候群の患者数は、全世界で2671人、死亡者数は103人になった。報告があった国数は17カ国(WHOは台湾を中国の一地域としている)。前日の報告から、患者数70人、死亡者数5人増加した。

 オーストラリア:死亡者数を含む患者数1(死亡者数0、以下同)
 ブラジル:1(0)
 カナダ:91(10)
 中国:1279(53)
 香港:928(25)
 台湾:19(0)
 フランス:4(0)
 ドイツ:5(0)
 イタリア:3(0)
 マレーシア:1(1)
 アイルランド:1(0)
 ルーマニア:1(0)
 シンガポール:113(8)
 スペイン:1(0)
 スイス:1(0)
 タイ:7(2)
 英国:5(0)
 米国:148(0)
 ベトナム:62(4)

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reported へ。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4