2003.04.08

【SARS速報】  香港ではSARSの重症者116人に、医療スタッフの感染報告も続く

 香港では重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行が収まる気配がなかなか見えない。3月末に、九龍地区のマンション「アモイガーデン」における大規模な感染が報告された後、4月2日から4日にかけては1日当たりの新規感染者報告が20人台に下がったが、5日に39人、6日に42人、7日には41人が入院しており、心配な状況が続いている(表参照)。4月7日現在、累計患者数883人のうち、退院者は127人で、733人が入院中。うち116人がICUで手当てを受けている。死亡者と合わせると累計患者数の約16%が重態化している。

 不安なのは、医療スタッフの感染が続いていることだ。4月1日から7日までの1週間で44人の医療スタッフが入院している(3月12日からの累計では208人)。香港のSARS患者数は世界全体の3分の1であり、医療スタッフは患者との接触の機会が極めて多い。わずかな不注意や継続して飛まつを浴びることで、防護措置にもかかわらず、感染者が発生している可能性がある。

 268人という大量の患者が発生したアモイガーデンでは、住民を別の場所に移して封鎖されているE棟で7日から消毒処置が開始された。7日にエレベータを含む共同施設、8日以降に個々の住居を消毒する。これは糞便を介した環境汚染が疑われているためだが、WHOによれば、今のところ、環境汚染による感染が発生したかどうかについては何も判明していない。

 香港当局の最新報告はこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239