2003.04.08

【SARS速報】  香港ではSARSの重症者116人に、医療スタッフの感染報告も続く

 香港では重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行が収まる気配がなかなか見えない。3月末に、九龍地区のマンション「アモイガーデン」における大規模な感染が報告された後、4月2日から4日にかけては1日当たりの新規感染者報告が20人台に下がったが、5日に39人、6日に42人、7日には41人が入院しており、心配な状況が続いている(表参照)。4月7日現在、累計患者数883人のうち、退院者は127人で、733人が入院中。うち116人がICUで手当てを受けている。死亡者と合わせると累計患者数の約16%が重態化している。

 不安なのは、医療スタッフの感染が続いていることだ。4月1日から7日までの1週間で44人の医療スタッフが入院している(3月12日からの累計では208人)。香港のSARS患者数は世界全体の3分の1であり、医療スタッフは患者との接触の機会が極めて多い。わずかな不注意や継続して飛まつを浴びることで、防護措置にもかかわらず、感染者が発生している可能性がある。

 268人という大量の患者が発生したアモイガーデンでは、住民を別の場所に移して封鎖されているE棟で7日から消毒処置が開始された。7日にエレベータを含む共同施設、8日以降に個々の住居を消毒する。これは糞便を介した環境汚染が疑われているためだが、WHOによれば、今のところ、環境汚染による感染が発生したかどうかについては何も判明していない。

 香港当局の最新報告はこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79