2003.04.04

【SARS速報】 中国でSARS対策本格化、香港では流行に歯止めの兆し

 世界保健機関(WHO)は4月3日、中国政府が重症急性呼吸器症候群(SARS)に関する特別チームを編成するなど、その対策を本格化したことを公表した。また香港では、患者数の増え方が減ってきており、政府による徹底した対策が効果を上げつつあるようだ。香港ではまた、これまでに89人の患者が退院したと報告している。

 WHOによると、中国政府は、1.中国厚生省が特別チームを結成し、SARSの対策にあたる。また、複数の省庁が共同していく、2.特別チームがWHOに対して、最新のSARS患者数を報告する、3.近く全国的な体制を整え、SARSの流行を迅速に見つけ報告できるようにする――という。

 また香港では、今日新たに26人の患者が報告された。前日の新たな患者数は23人と、その前の155人に比べ、増え方が減っている。

 一方、ブラジルでは初めてのSARSと考えられる症例が報告され、これで世界の4大陸に感染が広がったことになった。これまでにWHOに報告された各国のSARS患者数の詳細は以下の通り。なお、米国の患者数は、米国疾病対策センター(CDC)による最新情報では、2日現在で100人となっている。

 中国:死亡を含む患者数1190(死亡者46、以下同)
 香港:734(17)
 シンガポール:98(4)
 ベトナム:59(4)
 米国:85(0)
 カナダ:62(6)
 台湾:14(0)
 タイ:7(2)
 ドイツ:5(0)
 英国:3(0)
 イタリア:3(0)
 フランス:3(0)
 スイス:2(0)
 ルーマニア:1(0)
 アイルランド1(0)
 オーストラリア:1(0)
 ベルギー1:(0)
 ブラジル1:(0)

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:225
  3. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:150
  4. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:117
  5. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:76
  6. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:78
  7. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:65
  8. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:140
  9. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:252
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正