2003.04.04

インフルエンザワクチンが心疾患・脳卒中を予防、米の大規模観察研究が示唆

 米国のマネジド・ケア(前払い集団保険方式の民間医療保険)加入高齢者14万人を対象とした調査で、インフルエンザワクチンを受けた人では、インフルエンザや肺炎だけでなく、心疾患や脳血管疾患による入院も少ないことが明らかになった。ワクチン接種者では高血圧や糖尿病、高脂血症などの持病を持つ人の比率が高く、一般に「ハイリスク」とみなされるだけに、今回得られたデータは大きな意味を持ちそうだ。研究結果は、New England Journal of Medicine(NEJM)誌4月3日号に掲載された。

 調査対象は、米国Health Partners社(加入者総数:65万人)、米国Oxford Health Plan社(同:180万人)、米国Kaiser Permanente Northwest社(同:42万人)の3民間保険会社が提供するマネジド・ケア加入者のうち65歳以上の高齢者。調査は1998〜1999年と1999〜2000年の、2回のインフルエンザシーズンに行われた。対象者数は、第1回調査が14万55人、第2回調査が14万6328人。調査対象者の平均年齢は74歳で、半数強が女性だった。

 第1回調査時には全体の55.5%、第2回には59.7%がインフルエンザワクチンの接種を受けた。ワクチン接種者と非接種者を比較すると、平均年齢は接種者の方がわずかながら有意に高く(第1回:0.5歳、第2回:0.8歳)、女性比率も数%低かった。しかも、高血圧、高脂血症や心疾患、糖尿病・内分泌疾患、癌などの合併比率は、ワクチン接種者でいずれもわずかながら有意に高かった。一方、痴呆・脳卒中の既往は、比率としては少ないものの、ワクチン非接種者で有意に多かった。

 総じて見ればワクチン接種者の方が病気勝ちで、死亡リスクも高いとみなせるわけだが、シーズン中の入院や死亡は、2回の調査とも、ワクチン接種者で有意に少ないことが判明。肺炎・インフルエンザによる入院(相対入院率:2回の調査で順に32%減、29%減)だけでなく、心疾患(同:19%減、19%減)、脳血管疾患(同:16%減、23%減)による入院も有意に少なかった。総死亡は第1回調査シーズンで相対的に48%、第2回で50%、ワクチン接種者で有意に少なかった。

 この研究はあくまで観察研究であり、患者背景にも違いがあるため確定的なことは言えないが、「他のより小規模な観察研究や、小規模なオープンラベルの介入研究でも同様の結果が出ており、今回の結果はそれを支持するもの」と研究グループはみる。比較的健康な人が多いマネジド・ケア加入者の調査とはいえ、14万人で2年連続して同じ結果が出たインパクトは大きく、今後のワクチン接種動向に大きな影響を与えそうだ。

 なお、わが国では2001年11月に予防接種法が改正され、原則として65歳以上の高齢者に対し、インフルエンザワクチンの法定接種(一部公費負担)が行われるようになった。米国では65歳以上の高齢者のおよそ6割がインフルエンザワクチンの接種を受けているが、わが国では、2001年度の高齢者接種率は27.45%(「平成13年度予防接種法に基づく高齢者のインフルエンザワクチン予防接種状況調査報告」)と報告されている。

 この論文のタイトルは、「Influenza Vaccination and Reduction in Hospitalizations for Cardiac Disease and Stroke among the Elderly」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48