2003.04.01

FDAがHPV診断テストの適用拡大、30歳超にパップスミアと併用でスクリーニング

 米国食品医薬品局(FDA)は3月31日、ヒトパピローマウイルス(HPV)診断テスト、「HC2 High-Risk HPV DNA Test」の適用を拡大し、30歳超の子宮頚癌スクリーニングの際、パップスミアと併用することを承認した。これまでの研究結果やFDA諮問機関などの意見を踏まえ、パップスミアと併用することでスクリーニングの精度が高まると判断したもの(関連トピックス)。同診断テストは、子宮頚癌の原因となり得るリスクの高いHPVのうち、13種のタイプについて検出することができる。従来は、パップスミアの結果が陽性の人のみを対象に行われていた。

 FDAによると、パップスミアとHPVの両者が陰性である女性は、子宮頚癌の発症リスクは約0.2%と極めて低いという。一方、両者が陽性の場合には、治療をしないと、同発症リスクは6〜7%またはそれ以上になってしまうという。

 米国では、年間約5000万人の女性がパップスミアを受けている。米国癌学会では、2003年には約1万2200人が子宮頚癌の診断を受け、また4100人が子宮頚癌で死亡すると予測している。子宮頚癌は、適切なスクリーニングを行うことで予防可能であり、また早期であれば完治もできるとしている。

 なお、同診断テストは、パプスミアの代用目的で使ったり、30歳未満でパップスミアが正常な女性に使うのは不適切であるという。

 HC2 High-Risk HPV DNA Testの製造元は、米Digene社(メリーランド州Gaithersburg)詳しくは、FDAによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.1.31 USPSTFが子宮頚癌スクリーニングで新GL、21〜65歳の全女性へのパップスミア検査を強く推奨

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19