2003.03.31

【SARS速報】 香港政府、感染者107人発生のマンションを封鎖

 香港衛生署長(Director of Health)のMargaret Chan氏は3月31日、九龍地区のマンション「アモイガーデン」のE棟を今朝6時から10日間隔離すると発表した。31日朝現在で、同マンションの住人から213人にのぼる重症急性呼吸器症候群(SARS)患者が発生、うち107人がこのE棟に集中していたため、強行措置に踏み切ったもの。E棟の住人は、保健当局の文書による許可がない限り、4月9日深夜まで住居内にとどまることを求められる。この間、健康局の係官が健康調査に訪れるほか、室内清掃や消毒の指導を行う。食事は1日3回、無料で供給される。

 大規模な感染が発生した理由について、香港衛生福利食物局長のYeoh Eng-kiong氏は31日、感染発生ルートが最終的に確定したわけではないとしながらも、多くの患者が収容されているプリンスオブウェールズ病院で感染した人物がE棟に住む兄弟を4回に渡って訪れたことが判明しており、この人物が感染源になっていると信じる理由があると述べた。

 このマンション封鎖の記者会見で衛生福利食物局長は、「大流行(Outbreak)」という用語を口にした。感染が従来になく大規模で短期間に発生していることから、空調などを通した感染が起こった可能性もあり、事態は猶予ならない段階に至ったと言える。

 この香港当局のプレスリリースはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146