2003.03.30

【日本循環器学会速報】 重症狭心症への自家骨髄細胞移植、関西医科大学で2例目が実施

 関西医科大学で今年2月、重症狭心症患者に対する2例目の自家骨髄単核細胞移植が行われたことがわかった。1例目は開胸術下に行われたが(関連トピックス参照)、今回はカテーテルを使った低侵襲の細胞移植。移植後は狭心症状が大きく改善し、患者は週内にも退院できる見込みだという。この症例は、関西医科大学第二内科講師の神畠宏氏らが、3月30日の一般口演「Angiogenesis 2」で報告した。

 患者は59歳の女性。CCSクラス3の狭心症があり、糖尿病、閉塞性動脈硬化症(ASO)、高血圧などを合併していた。安静時にも症状がある上、左室駆出率(EF)が45%と低く、既存の治療法では対処が難しかったため、今年2月5日に自家骨髄単核細胞の移植に踏み切った。

 神畠氏らは、電気−機能的マッピング(NOGAマッピング)で壁運動が低下している部位を同定。マッピング用のカテーテルの先端に付けた27ゲージの注射針を20カ所に刺し、1カ所あたり2億個の濃縮自家骨髄単核細胞を注入した。

 その結果、心筋シンチグラフィーなどで評価した心筋の壁運動は著明に改善。狭心症状も大幅に軽快し、今週中にも退院できる運びとなったという。

 重症の狭心症患者は、既にバイパス手術(CABG)などで開胸術を受けているケースが大半。「再開胸は難しいことが多いため、開胸が不要なカテーテル術で細胞移植が成功した意義は大きい」と神畠氏は話す。今後は倉敷中央病院や日本医科大学などと共同で、カテーテルを使った心筋への細胞移植について臨床研究を進めることを考えており、「現状で有効な治療手段がない重度狭心症患者さんを、ぜひ紹介してほしい」と神畠氏は会場に呼びかけた。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.4.25 臨床応用が始まった骨髄幹細胞の自家移植による血管新生療法


========================================================================
「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施中
 MedWaveは日本循環器学会の開催に合わせ、「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施しています。日進月歩の激しい領域にあって、医療現場の第一線でご活躍の医師の方々に、最近、相次いで公表された大規模臨床試験を中心に、それぞれの結果に対する評価や診療への影響などをお伺いし、「循環器治療の今」を明らかにすることを目的にしております。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。アンケート画面はこちらhttp://webres.nikkeibp.co.jp/user/jsc2003.htmlから。
========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13