2003.03.29

【日本循環器学会速報】 日本心臓財団佐藤賞に佐田政隆氏、Young Investigator's Award最優秀に松田守弘氏

■佐田政隆氏 3月29日午後の総会で、日本心臓財団佐藤賞やYoung Investigator's Awardなどの授賞式が行われた。第28回となる日本心臓財団佐藤賞には、東京大学循環器内科の佐田政隆氏が選ばれた。受賞対象となった研究業績は、「血管病の病態生理の解明と治療法の開発」だった。


 また、第20回となるYoung Investigator's Awardには、大阪大学分子制御内科学の松田守弘氏、九州大学循環器内科学の岸拓弥氏、大阪大学病態情報内科学の真田昌爾氏、国立国際医療センター遺伝子診断治療開発研究部の加藤規弘氏、九州大学循環器内科学の的場哲哉氏の5人が選ばれた。このうち最優秀賞は、松田氏に贈られた。





■第20回Young Investigator's Award。左から的場哲也氏、加藤規弘氏、真田昌爾氏、岸拓弥氏、松田守弘氏



 今回第1回目となった国際留学生Young Investigator's Award では、大阪大学病態制御外科学のMemon Imran Ahmad氏、北海道大学循環病態内科学のJesmin Subrina氏、岐阜大学第二内科の呂伝江氏、京都大学循環器内科学の袁租貽氏の4人が受賞した。このうち最優秀賞は、Memon Imran Ahmad氏が獲得した。


■第1回国際留学生Young Investigator's Award。左から袁租貽氏、呂伝江氏、Jesmin Subrina氏、Memon Imran Ahmad氏


 このほか、第12回八木賞は、大阪大学病態情報内科学の朝倉正紀氏が受賞。第11回CPIS(心臓血管薬物療法国際会議)賞は、岡山大学循環器内科の中村一文氏に贈られた。また、第3回高安賞には、熊本大学循環器内科学の河野宏明氏が選ばれた。 

■朝倉正紀氏

■中村一文氏(左)と審査委員長の永井良三氏

■河野宏明氏








========================================================================
「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施中
 MedWaveは日本循環器学会の開催に合わせ、「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施しています。日進月歩の激しい領域にあって、医療現場の第一線でご活躍の医師の方々に、最近、相次いで公表された大規模臨床試験を中心に、それぞれの結果に対する評価や診療への影響などをお伺いし、「循環器治療の今」を明らかにすることを目的にしております。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。アンケート画面はこちらhttp://webres.nikkeibp.co.jp/user/jsc2003.htmlから。
========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48