2003.03.29

【日本循環器学会速報】 日本心臓財団佐藤賞に佐田政隆氏、Young Investigator's Award最優秀に松田守弘氏

■佐田政隆氏 3月29日午後の総会で、日本心臓財団佐藤賞やYoung Investigator's Awardなどの授賞式が行われた。第28回となる日本心臓財団佐藤賞には、東京大学循環器内科の佐田政隆氏が選ばれた。受賞対象となった研究業績は、「血管病の病態生理の解明と治療法の開発」だった。


 また、第20回となるYoung Investigator's Awardには、大阪大学分子制御内科学の松田守弘氏、九州大学循環器内科学の岸拓弥氏、大阪大学病態情報内科学の真田昌爾氏、国立国際医療センター遺伝子診断治療開発研究部の加藤規弘氏、九州大学循環器内科学の的場哲哉氏の5人が選ばれた。このうち最優秀賞は、松田氏に贈られた。





■第20回Young Investigator's Award。左から的場哲也氏、加藤規弘氏、真田昌爾氏、岸拓弥氏、松田守弘氏



 今回第1回目となった国際留学生Young Investigator's Award では、大阪大学病態制御外科学のMemon Imran Ahmad氏、北海道大学循環病態内科学のJesmin Subrina氏、岐阜大学第二内科の呂伝江氏、京都大学循環器内科学の袁租貽氏の4人が受賞した。このうち最優秀賞は、Memon Imran Ahmad氏が獲得した。


■第1回国際留学生Young Investigator's Award。左から袁租貽氏、呂伝江氏、Jesmin Subrina氏、Memon Imran Ahmad氏


 このほか、第12回八木賞は、大阪大学病態情報内科学の朝倉正紀氏が受賞。第11回CPIS(心臓血管薬物療法国際会議)賞は、岡山大学循環器内科の中村一文氏に贈られた。また、第3回高安賞には、熊本大学循環器内科学の河野宏明氏が選ばれた。 

■朝倉正紀氏

■中村一文氏(左)と審査委員長の永井良三氏

■河野宏明氏








========================================================================
「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施中
 MedWaveは日本循環器学会の開催に合わせ、「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施しています。日進月歩の激しい領域にあって、医療現場の第一線でご活躍の医師の方々に、最近、相次いで公表された大規模臨床試験を中心に、それぞれの結果に対する評価や診療への影響などをお伺いし、「循環器治療の今」を明らかにすることを目的にしております。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。アンケート画面はこちらhttp://webres.nikkeibp.co.jp/user/jsc2003.htmlから。
========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256