2003.03.28

【日本循環器学会速報】 脂質低下によらないスタチンの作用、“臨床的意味”巡り議論−−コントロバーシー2より

 3月28日に開催されたコントロバーシー2「コレステロール低下療法」では、「スタチンの多面的作用は臨床的意味があるか」と題したディベートを開催。標題に「賛成」との立場で順天堂大学循環器内科学の代田浩之氏、「慎重」派として米国Harvard医科大学Brigham and Women's病院循環器科の相川眞範氏が登壇し、熱い意見を戦わせた。

 脂質低下薬のスタチン系薬には、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬でしばしば強調される“降圧によらない(臓器保護)効果”のような、“脂質低下によらない作用”がある−−。この「多面的作用」が存在するという点については、両者とも肯定。心イベントの抑制に対しては、多面的作用のうち抗炎症・血管内皮機能改善によるプラーク安定化効果が最も効いているであろうという点でも両者の意見は一致した。

 意見が分かれたのは、心イベントの抑制に、この作用がどの程度影響しているか。代田氏は、疫学データと介入研究の結果を比較。疫学データでみられる「低比重リポ蛋白(LDL)コレステロール値がある程度低くなると心イベント発症率の低下幅が頭打ちになる」との現象が、「HPS」(Heart Protection Study)試験ではみられず、「LDLコレステロール値が低いほど心イベント発症率が直線的に下がる」ことを提示し、「LDLコレステロール値低下作用以上の作用がスタチンにはある」と強調した。

 一方の相川氏は、ウサギを使った数々の実験から、食事療法のみでLDLコレステロール値を下げても、血管内皮機能の正常化が得られることを提示。スタチンでみられるプラーク安定化効果も同様に、主にLDLコレステロール値を下げる作用から来ているとした。

 また、いわゆる「親水性スタチン・パラドックス」に関しては、両者の解釈が全く分かれた。このパラドックスは、親水性のスタチンよりも、疎水性のスタチンの方が末梢組織や細胞内に移行しやすく、理論的には疎水性スタチンの方が「多面的作用」が強く出そうなものなのに臨床データでは違いがみられないというもの。相川氏はこの点こそが、多面的作用より脂質低下作用の方が心イベント抑制に効いている傍証だと指摘。一方の代田氏は「親水性スタチンは、血管に対する直接作用はないものの、肝臓でのイソプレノイド生合成阻害作用を通して“脂質低下によらない作用”を発揮する」との説を紹介し、親水性スタチンでも多面的作用は矛盾無く起こり得るとした。

 ディベート後の質疑応答では、「スタチンの心イベント抑制作用の何%くらいが“脂質低下によらない作用”によると思うか」との趣旨の質問が座長から出された。これに対し、“賛成派”の代田氏は一転、「個人的には5〜10%くらい」と控えめな数字を呈示。逆に“慎重派”の相川氏は「スタチンの種類による」と、具体的な数字は示さなかったものの、スタチンによっては心イベント抑制作用のかなり大きな部分を多面的作用に依存しているとの含みを持たせた。

会場の評価は「心イベント抑制におけるスタチンの効果は脂質低下作用が主体」へシフト

 ディベートの前後には、例年通り会場アンケートが実施された。このアンケートでは、ディベートを聞いて、聴衆の意見がどう変わったかが浮き彫りにされる。今回のディベートに関しては、1.スタチンの多面的作用をどの程度重視するか、2.大規模臨床試験結果などにスタチンの多面的作用がどの程度影響しているか−−の2点を調査。それぞれ約200人の聴衆が回答した。

 一つ目の設問に対しては、多面的作用を「少し意識している」(前後で47%→50%)、「重要視している」(同:40%→42%)との回答がディベート後に増えた一方、「脂質に対する効果以上である」(同:5%→3%)と考える人は減少した。二つ目の設問では、「5%以下」(同:14%→15%)、「10〜20%程度」(同:31%→30%)との回答比率はディベート前後でほぼ不変。しかし、「20%以上」(同:16%→7%)と考える人が大幅に減り、その分が「5〜10%程度」(38%→47%)に積み増されるとの結果になった。

========================================================================
「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施中
 MedWaveは日本循環器学会の開催に合わせ、「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施しています。日進月歩の激しい領域にあって、医療現場の第一線でご活躍の医師の方々に、最近、相次いで公表された大規模臨床試験を中心に、それぞれの結果に対する評価や診療への影響などをお伺いし、「循環器治療の今」を明らかにすることを目的にしております。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。アンケート画面はこちらhttp://webres.nikkeibp.co.jp/user/jsc2003.htmlから。
========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1