2003.03.25

【SARS速報】 日本でのSARS確定例、3月24日17時現在でゼロ

 厚生労働省によると、3月24日17時現在、日本における重症急性呼吸器症候群(SARS)の症例は、「疑い例」が3例、「可能例」が1例、報告されている。ただし、SARS確定例はゼロとなっている。

 3月19日に公表された3事例のうち、1例については、その後、他疾患であることが判明している。3月20日に、新たに疑い例1例の報告あったが、症状は改善しておりSARSの可能性低いという。

 一方、3月20日に、新たに可能性例が1例報告された。ただし、症状は改善しており、SARSの可能性低いとされている。

 厚生労働省の発表資料「我が国における『重症急性呼吸器症候群(SARS)』の疑い例等の報告状況」(3月24日17時現在)は、こちらで閲覧できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13