2003.03.22

【SARS速報】 SARS感染者総数350人、うち死者10人に

 世界保健機関(WHO)は3月21日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染患者の総数が350人、うち死者が10人になったことを報告した。新たに、スイスで7人、イタリアとアイルランドでそれぞれ一人の患者が見つかっている。WHOはまた、17日に結成したSARS共同研究チームが、病原体と考えられるウイルスの培養に成功し、SARSの診断テスト開発に向け、重要な第一歩を踏み出したとしている。

 これまでに確認された各国のSARS患者数と死亡者数は以下の通り。

 香港:死亡を含む患者数203(死亡者6、以下同)
 ベトナム:62(2)
 シンガポール:39(0)
 米国:13(0)
 カナダ:9(2)
 スイス:7(0)
 台湾:6(0)
 タイ:4(0)
 英国:2(0)
 ドイツ:1(0)
 スロべニア:1(0)
 スペイン:1(0)
 イタリア:1(0) 
 アイルランド:1(0)

 一方SARS共同研究チームは、病原体と思われるウイルスを培養後、回復しつつあるSARS患者の血清と、同数の健康な人の血清を、培養細胞に添加した。すると、SARS患者の血清ではウイルスの成長が止まったのに対し、健康な人の血清ではウイルスに変化はなかった。WHOのウイルス学専門家であるKlaus Stohr氏は、「これは、トンネルの先に光が見えた程度のことではない。真の太陽光線だ」と、この発見を評価している。

 なお、このウイルスはパラミクソウイルスに形態が似ているものの、特定はできていない。

 WHOはまた、5人の感染症専門家を中国に派遣し、昨年11月に広東州で発症した異型肺炎の流行について、病原体の特定や、SARSにあてはまる症状の患者がいたかどうかなどについて、研究支援を行うとしている。

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43