2003.03.22

【SARS速報】 SARS感染者総数350人、うち死者10人に

 世界保健機関(WHO)は3月21日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染患者の総数が350人、うち死者が10人になったことを報告した。新たに、スイスで7人、イタリアとアイルランドでそれぞれ一人の患者が見つかっている。WHOはまた、17日に結成したSARS共同研究チームが、病原体と考えられるウイルスの培養に成功し、SARSの診断テスト開発に向け、重要な第一歩を踏み出したとしている。

 これまでに確認された各国のSARS患者数と死亡者数は以下の通り。

 香港:死亡を含む患者数203(死亡者6、以下同)
 ベトナム:62(2)
 シンガポール:39(0)
 米国:13(0)
 カナダ:9(2)
 スイス:7(0)
 台湾:6(0)
 タイ:4(0)
 英国:2(0)
 ドイツ:1(0)
 スロべニア:1(0)
 スペイン:1(0)
 イタリア:1(0) 
 アイルランド:1(0)

 一方SARS共同研究チームは、病原体と思われるウイルスを培養後、回復しつつあるSARS患者の血清と、同数の健康な人の血清を、培養細胞に添加した。すると、SARS患者の血清ではウイルスの成長が止まったのに対し、健康な人の血清ではウイルスに変化はなかった。WHOのウイルス学専門家であるKlaus Stohr氏は、「これは、トンネルの先に光が見えた程度のことではない。真の太陽光線だ」と、この発見を評価している。

 なお、このウイルスはパラミクソウイルスに形態が似ているものの、特定はできていない。

 WHOはまた、5人の感染症専門家を中国に派遣し、昨年11月に広東州で発症した異型肺炎の流行について、病原体の特定や、SARSにあてはまる症状の患者がいたかどうかなどについて、研究支援を行うとしている。

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:244
  2. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:482
  3. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:422
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:558
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:311
  8. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  9. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  10. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:114