2003.03.20

【SARS速報】 感染者総数264人うち死者9人、米国で11人の患者が確認

 世界保健機関(WHO)は3月19日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染患者について、総数が264人、うち死者が9人になったことを報告した。中でも、新たに米国で11人の患者が確認されたほか、スペインでも一人患者が見つかっている。WHOによるとまた、ドイツと香港の研究チームでそれぞれ、SARSの患者からパラミクソウイルスが検出されたとしている。

 これまでに確認された各国のSARS患者数と死亡者数は以下の通り。

 香港:死亡を含む患者数150(死亡者5、以下同)
 ベトナム:56(2)
 シンガポール:31(0)
 米国:11(0)
 カナダ:8(2)
 台湾:3(0)
 ドイツ:1(0)
 スロべニア:1(0)
 スペイン:1(0)
 タイ:1(0)
 英国:1(0)

 WHOは報告した患者数について、SARSの診断は除外診断なので、当初SARSと診断された患者に、後に他の病原が見つかった場合には、SARSの診断が撤回されるため、患者数は変わることがあるとしている。

 一方SARSの患者からパラミクソウイルスが検出されたことについてWHOは、研究の大きな一歩であると評価している。ただし、パラミクソウイルス科にはおたふくかぜやはしかの原因となるウイルスなど、一般的に見つかるウイルスも含まれている。そこで、今回検出されたウイルスも、SARSの病原体ではなく、患者がそうしたパラミクソウイルス科のウイルスの保菌者であった可能性も否定しきれないとしている。

 WHOは、SARS病原体の特定に向けた研究は、未だに進行中であるとしている。SARSに関する研究プロジェクトは17日に結成され、各国11カ所の研究所で共同で行われている。

 なお、パラミクソウイルス科には、ヘンドラウイルスやニパウイルスといった、近年見つかったウイルスで、感染すると死に至る可能性があるものも含まれている。

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176