2003.03.19

【SARS速報】  日本国内で「疑い例」が3人発生、19日午後に厚労省が発表

 香港、ハノイなどで患者が多数発生している重症急性呼吸器症候群(SARS)の疑いがある患者がついに日本でも発生した。厚生労働省は3月19日午後、都道府県の感染症対策担当課に対して、医療機関への周知依頼として通知した。

 それによると、発生した患者は計3人で、いずれも「疑い例」(関連トピックスを参照)で、「可能性例」は発生していない。同省は、プライバシー保護を理由に詳細を公表していないが、3人のうち2人は回復しており、家族などに発症した者はいない。ほかの一人は医療機関を受診中で、症状は軽快しているという。

 厚労省では今後、対策専門委員会において判定を行い、その結果に従ってこれらの患者がSARSかどうかを確定し、世界保健機関(WHO)に報告する予定だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:67
  2. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:414
  3. 5歳男児。頭部の脱毛性病変 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 摘便希望で救急搬送!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  5. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:742
  6. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:700
  7. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:170
  8. CKDの原因に便秘 便秘薬に腎保護作用 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:362
  9. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:315
  10. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0