2003.03.19

【SARS速報】  日本国内で「疑い例」が3人発生、19日午後に厚労省が発表

 香港、ハノイなどで患者が多数発生している重症急性呼吸器症候群(SARS)の疑いがある患者がついに日本でも発生した。厚生労働省は3月19日午後、都道府県の感染症対策担当課に対して、医療機関への周知依頼として通知した。

 それによると、発生した患者は計3人で、いずれも「疑い例」(関連トピックスを参照)で、「可能性例」は発生していない。同省は、プライバシー保護を理由に詳細を公表していないが、3人のうち2人は回復しており、家族などに発症した者はいない。ほかの一人は医療機関を受診中で、症状は軽快しているという。

 厚労省では今後、対策専門委員会において判定を行い、その結果に従ってこれらの患者がSARSかどうかを確定し、世界保健機関(WHO)に報告する予定だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423