2003.03.19

【SARS速報】 WHOが最新状況を報告、感染者総数219人に

 世界保健機関(WHO)は3月18日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染患者について、各国の最新状況を報告した。台湾やドイツなどで新たに患者が報告され、患者数は合計219人に上った。死亡者総数は前日までと変わらず4人に留まっている。また、スイスで感染が疑われていた二人は、診察の結果、SARSではないことが確認された。

 これまでに確認された各国のSARS患者数と死亡者数は、以下の通り。

 香港;死亡を含む患者数123(死亡者数1、以下同)
 ベトナム;57(1)
 シンガポール;23(0)
 台湾;3(0)
 カナダ;8(2)
 ドイツ;2(0)
 タイ;1(0) 
 英国;1(0)
 スロバニア;1(0)。

 ベトナムのハノイで確認された患者57人のうち13人には、臨床的な改善がみられるという。また、報告されている患者の全てが、香港、ベトナムのハノイ、シンガポールで発症しているか、または過去10日以内にそれらの地域へ旅行をしている。なお、中国南部で流行していた異型肺炎との関連は、未だ不明である。

 WHOは旅行者に対し、いずれの地域に対しても、旅行を控える必要はないと勧告しながら、アジアや極東地域へ行く場合には、SARSの主な症状を念頭に置き、もし発症が疑われる場合には直ちに医師らの診察を受けるべきだとしている。WHOによると、SARS発症の経緯は、今のところ感染源への直接的で密接なコンタクトに限られているという。

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正