2003.03.18

【SARS速報】 「SARS疑い・可能性症例は直ちに届出を」、厚生労働省

 東南アジアを中心に発症が続いている重症急性呼吸器症候群(SARS)に関し、厚生労働省は3月18日、SARSを当面は感染症新法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の枠外で扱うとの方針を明らかにした。SARSの疑い(suspect)または可能性(probable)がある症例を診察した場合、直ちに所轄の保健所に届け出るよう、引き続き呼びかけている。

 SARS疑い・可能性症例の管理方針についても、世界保健機関(WHO)の方針に沿う形で本日中に通知する予定。「ある程度設備の整った医療機関での管理が必要となるため、疑い・可能性症例をみた場合、保健所への報告に加え、そうした医療機関への紹介を行ってほしい」(厚生労働省健康局結核感染症課)との方針だ。厚生労働省はSARS対策を国立感染症研究所と共同で進めており、同研究所の医師を本日、香港へ派遣し、情報収集に当たらせている。

 なお、SARSの報告基準は、3月16日付の健康局結核感染症課長名通知(健感発第0316001号)で改訂されている。この改訂は世界保健機関(WHO)の報告基準改訂を受けたもの(関連トピックス参照)で、旧基準との相違点は、1.SARS疑い例の症状から「筋肉痛」を除外、2.SARS可能性例の条件に「原因不明の呼吸器疾患で死亡、剖検で呼吸窮迫症候群の病理所見を確認」を追加−−の2点。

 厚生労働省のSARS関連通知は、発表から数日内に、同省ホームページ「法令等データベースシステム」の「新着の通知」に順次掲載される。日本医師会も、ホームページに厚生労働省のSARS関連通知を掲載している。

■ 関連トピックス ■
◆ 2003.3.17 SARS速報】WHO、SARSの診断基準を改定

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1