2003.03.18

【SARS速報】 WHOが国際協力体制を強化、要請に応じて中国にチーム派遣へ

 WHOは3月18日(日本時間)、重症急性呼吸器症候群(SARS)に対する国際的な対応を強化した。

 下部組織である国際伝染病警告対応ネットワークは、10カ国11研究機関の参加を得て病原体の発見を目指している。同時に各国の保健医療当局と連携して、効果的な治療法の確立を進めている。また、SARSの主な感染地域がアジアであるため、マニラにあるWHO極東オフィスで、防護用品と薬剤の供給体制の構築に取り掛かっている。

 新規の患者発生が多いハノイと香港では、WHOチームが感染の管理とともに疫学的データと臨床データの収集を試みている。他国での発生に先行して2月中旬に300人を超える患者が発生した中国でも、中国健康省からWHOに対して国際チームの支援要請があり、現在、対応チーム結成が始まっているという。

 WHOのプレスリリースは、こちらへ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0