2003.03.18

【SARS速報】 WHOが国際協力体制を強化、要請に応じて中国にチーム派遣へ

 WHOは3月18日(日本時間)、重症急性呼吸器症候群(SARS)に対する国際的な対応を強化した。

 下部組織である国際伝染病警告対応ネットワークは、10カ国11研究機関の参加を得て病原体の発見を目指している。同時に各国の保健医療当局と連携して、効果的な治療法の確立を進めている。また、SARSの主な感染地域がアジアであるため、マニラにあるWHO極東オフィスで、防護用品と薬剤の供給体制の構築に取り掛かっている。

 新規の患者発生が多いハノイと香港では、WHOチームが感染の管理とともに疫学的データと臨床データの収集を試みている。他国での発生に先行して2月中旬に300人を超える患者が発生した中国でも、中国健康省からWHOに対して国際チームの支援要請があり、現在、対応チーム結成が始まっているという。

 WHOのプレスリリースは、こちらへ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43