2003.03.18

【SARS速報】 米CDCが対策、香港からの直行便到着空港で警戒体制

 米国疾病対策センター(CDC)は3月17日までに、香港からの直行便が到着するシカゴ空港などで、香港やベトナムからの旅行者に向け、重症急性呼吸器症候群(SARS)が疑われる症状について警戒を促すパンフレットの配布を始めた。

 配布は、シカゴのほか、ロサンゼルス、ニューヨークJFK国際空港、ニューアーク、サンフランシスコのそれぞれ空港で行われており、アンカレッジやグアムでも17日中に始めたい考え。パンフレットでは、SARSの感染者が報告されている香港やベトナムの首都ハノイから帰国した人は、最低でも7日間、健康状態に注意し、咳や呼吸が苦しいといった症状を伴う発熱があった場合には、医師の診察を受けるよう呼びかけている。

 CDCは、医師などの医療専門家に対し、注意すべき患者の症状などについて以下のように説明している。

 1.熱がカ氏100.4度(セ氏38度)以上で、2.咳、息切れ、呼吸が苦しい、低酸素症、X線画像で肺炎が認められる、呼吸困難といった呼吸性疾患の症状が一つ以上あり、3.過去7日以内に香港やベトナムのハノイに旅行した人、もしくは呼吸性疾患の症状があり先の地域に旅行した人の看護をしたり同居するなど、密な接触をとった人。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22