2003.03.18

【SARS速報】 米CDCが対策、香港からの直行便到着空港で警戒体制

 米国疾病対策センター(CDC)は3月17日までに、香港からの直行便が到着するシカゴ空港などで、香港やベトナムからの旅行者に向け、重症急性呼吸器症候群(SARS)が疑われる症状について警戒を促すパンフレットの配布を始めた。

 配布は、シカゴのほか、ロサンゼルス、ニューヨークJFK国際空港、ニューアーク、サンフランシスコのそれぞれ空港で行われており、アンカレッジやグアムでも17日中に始めたい考え。パンフレットでは、SARSの感染者が報告されている香港やベトナムの首都ハノイから帰国した人は、最低でも7日間、健康状態に注意し、咳や呼吸が苦しいといった症状を伴う発熱があった場合には、医師の診察を受けるよう呼びかけている。

 CDCは、医師などの医療専門家に対し、注意すべき患者の症状などについて以下のように説明している。

 1.熱がカ氏100.4度(セ氏38度)以上で、2.咳、息切れ、呼吸が苦しい、低酸素症、X線画像で肺炎が認められる、呼吸困難といった呼吸性疾患の症状が一つ以上あり、3.過去7日以内に香港やベトナムのハノイに旅行した人、もしくは呼吸性疾患の症状があり先の地域に旅行した人の看護をしたり同居するなど、密な接触をとった人。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:147
  2. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:199
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:42
  4. 二次予防ならSGLT2阻害薬が第二選択薬に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《7》 FBシェア数:79
  5. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:55
  6. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:29
  7. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. あれ・それがどれ?で論文が台無しです! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:16
  9. アレルギー性鼻炎に世界初の経皮吸収型製剤 最新DIピックアップ FBシェア数:132
  10. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:45
医師と医学研究者におすすめの英文校正