2003.03.18

【SARS速報】 米CDCが対策、香港からの直行便到着空港で警戒体制

 米国疾病対策センター(CDC)は3月17日までに、香港からの直行便が到着するシカゴ空港などで、香港やベトナムからの旅行者に向け、重症急性呼吸器症候群(SARS)が疑われる症状について警戒を促すパンフレットの配布を始めた。

 配布は、シカゴのほか、ロサンゼルス、ニューヨークJFK国際空港、ニューアーク、サンフランシスコのそれぞれ空港で行われており、アンカレッジやグアムでも17日中に始めたい考え。パンフレットでは、SARSの感染者が報告されている香港やベトナムの首都ハノイから帰国した人は、最低でも7日間、健康状態に注意し、咳や呼吸が苦しいといった症状を伴う発熱があった場合には、医師の診察を受けるよう呼びかけている。

 CDCは、医師などの医療専門家に対し、注意すべき患者の症状などについて以下のように説明している。

 1.熱がカ氏100.4度(セ氏38度)以上で、2.咳、息切れ、呼吸が苦しい、低酸素症、X線画像で肺炎が認められる、呼吸困難といった呼吸性疾患の症状が一つ以上あり、3.過去7日以内に香港やベトナムのハノイに旅行した人、もしくは呼吸性疾患の症状があり先の地域に旅行した人の看護をしたり同居するなど、密な接触をとった人。

 詳しくは、CDCによるニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
  2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
  3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
  4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
  5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
  6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
  7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
  8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
  10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
医師と医学研究者におすすめの英文校正