2003.03.17

【再掲】【SARS速報】  WHO、SARSの診断基準を改定

 WHOは3月17日(日本時間、以下同)、東南アジアを中心に発症が続いている重症急性呼吸器症候群(SARS)の診断基準を以下のように改定した。潜伏期間が4〜7日程度と判明したことに伴う接触時期の判断と、死亡患者の剖検所見に関する診断、随伴症状の追加などが主な変更内容。

 SARSと疑われる場合:2003年2月1日以降に、以下の3条件をいずれも満たすケース。

(1)38度以上の高熱
(2)咳、呼吸の短縮、呼吸困難のうち、少なくとも1以上の症状あり
(3)発症前の10日間以内にSARSと診断された患者に「濃厚な接触(注1)」があったか、または、発症前の10日間以内にSARSの感染者発生が報告された地域(注2)を旅行した履歴がある

 SARSの可能性が高い場合:SARSと疑われる条件を満たし、かつ(1)胸部X線撮影で肺炎、または呼吸困難症候群が確認された場合、または、(2)原因不明の呼吸器疾患で死亡した患者で、剖検の結果、病理学的に呼吸困難症候群の所見を呈しており、かつ原因が不明なケース。

 SARSでは、発熱と呼吸器症状に加え、頭痛、筋肉のこわばり、食欲減退、倦怠感、錯乱、発疹、下痢などを伴うことがある。

注1) 濃厚な接触とは、SARS患者の看護をした場合、同居している場合、呼吸器分泌物や体液に直接触れたことがある場合を指す。

注2)カナダのトロントとバンクーバー、中国の香港と広東州、シンガポールの3国4地域

 なお、診断基準の原文は現在、WHOのホームページ(http://www.who.int/csr/surveillance/casedefinition/en/)でご覧になれます。

■ 訂正 ■
 「SARSであることが確実な場合」は「SARSの可能性が高い場合」と改めました。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2