2003.03.17

【SARS速報】 日本政府、国際緊急援助隊・専門家チームをベトナムへ派遣

 日本政府は3月16日、原因不明のまま東南アジアを中心に集団感染が続いている重症急性呼吸器症候群(SARS)に関連して、ベトナム政府に対し、厚生労働省に属する医療関係者を中心に3人からなる国際緊急援助隊・専門家チームを派遣した。対処療法および感染対策に関する助言・指導を行う。派遣期間は3月25日まで。ベトナムでは、2月26日に患者が確認され入院先の病院で29人の病院職員が次々と同様の症状が現れている。

 ベトナム政府は、各国・国際機関の協力の下、病原菌特定のための検査を内外で進めている。その一方で、3月10日には、発生源である病院を閉鎖した上で患者を完全隔離し、病原菌の拡大を阻止する努力を続けている。その上で、日本政府に対し、専門家の派遣および医療用資器材供与を要請してきたという。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176