2003.03.12

携帯電話へ「服薬お知らせメール」、シュールダダが薬局向けにサービス開始

 シュールダダ(本社:大阪市平野区、代表取締役:弓削誠)は3月11日、「モバイルシップ・調剤薬局版」を発売した。同商品は、調剤薬局が処方薬を販売した患者へのサービスとして、携帯電話に「服薬お知らせメール」などを送るサービスを代行するもの。経営環境が厳しくなっている調剤薬局に、患者囲い込みのためのツールとして売り込む。

 調剤薬局は通常、処方せん調剤を行い患者に医薬品を販売する際に、服用時点(朝昼夕食後など)を説明する。しかし実際に、患者に指導どおりに薬を飲んでもらうのは難しい。「モバイルシップ・調剤薬局版」は、調剤薬局が抱えるこうした問題を解決するためのシステム。具体的には、薬の服用時に患者の携帯電話に「お薬の時間です。お飲みください」という「お知らせメール」を送信することで、飲み忘れを防ぎ、コンプライアンスを高める。

 服薬期間終了時には、「お体の具合はいかがですか」といった受診・来局を勧奨する「来局促進メール」を送ることもできる。このほか、関連商品の情報などの提供も可能だ。シュールダダは、このように携帯電話を利用し、患者に対して投薬後のフォロー、サポートを行うことで、調剤薬局が患者との関係を深めることができると説明している。

 なお、「モバイルシップ・調剤薬局版」の販売は、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式で行われる。薬局がインターネット上で個々の患者の服用回数・時点などを設定しておけば、自動的にメールが送信される仕組み。システム導入費用は、初期費用が10万円、月額費用が3万円(いずれも税別)。商品の詳細・申し込みは、http://info.mbship.net/へ。(風間浩、日経ドラッグインフォメーション

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:24
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:85
  3. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  4. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》 FBシェア数:266
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  6. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:49
  7. 胸を手で押さえた後に生じた<一過性意識消失> 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:76
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー FBシェア数:1
  9. 焦ると大声が出る院長、パワハラ加害者に? 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:47
  10. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正