2003.03.11

米国の喘息有病率は成人3.1%、小児4.4%−−2000年度MEPS調査

 米国厚生省(HHS)の下部組織、Agency for Healthcare Research and Quality(AHRQ:医療分野の研究と質向上を支援する部門)はこのほど、2000年度医療保険受給状況調査(MEPS)の喘息に関する解析結果を発表した。喘息有病率は成人で3.1%、小児(0〜17歳)で4.4%であり、ほぼ9割が薬物治療を受けているが、吸入ステロイドは半数しか使っていないことがわかったという。

 2000年度調査への応答者数は2万3839人で、応答率は65.25%。医師などから喘息との診断を受けており、過去1年間に喘息発作を起こした人を、喘息有病者と定義して解析を行った。喘息との診断は受けているが、過去1年間に発作を起こしていない人は、この解析では喘息患者としては扱っていない。

 その結果、調査応答者全体の3.5%、全米では970万人が、喘息にかかっているとみなせることが判明。有病率・有病者数は小児で4.4%(320万人)、成人で3.1%(650万人)となることがわかった。成人の有病率は女性の方が高い(4.1%対2.8%)が、小児では女児(3.4%)より男児(5.4%)の方が高かった。

 また、喘息の薬物療法は喘息有病者の86.5%が受けており、比率は小児(91.2%)の方が成人(84.3%)より高かった。しかし、長期管理薬(コントローラー)である吸入ステロイドに関しては、小児では6歳以上での使用が推奨されていることもあり、小児(42.3%)よりも成人(53.5%)で多く使われていた。男女別では女性(55.1%)の方が、男性(41.8%)よりも吸入ステロイドの使用率が高かった。

 なお、気道状態を反映するピークフロー(最大呼気流速度)を測定し、喘息の自己管理に役立てる「ピークフローメーター」の使用率は、有病者の31.3%に留まっている。

 喘息に関する解析結果の概要は、こちらからダウンロードできる。MEPS調査の詳細は、「MEPSのホームページ」まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14