2003.03.05

「重症心不全患者にも運動療法を」、AHAが声明

 米国心臓協会(AHA)は3月4日、心不全の運動療法に関する同学会の見解を発表した。生命予後改善効果は十分に示されていないものの、運動療法には血管機能や神経ホルモン分泌などを改善する作用があり、運動強度などを適切に設定すれば心移植を待つレベルの重度心不全患者でも安全に行えるとするもの。声明文は、同日付のCirculation誌に掲載された。

 心臓リハビリテーションの一環として、心不全患者への運動療法に取り組む医療機関は少なくない。しかし、そのような施設でも、重度心不全患者に対しては「安静」を指示することが多かった。今回の声明は、そうした重度心不全患者に対しても適切な運動療法を行うよう推奨した点で、従来の見解とは一線を画すものとなっている。

 一方、重症度などに応じた具体的な運動処方は呈示されておらず、実際の適用にあたっては個別に運動処方を組む必要がある。ただし、各種の介入研究で用いられた運動メニューは例示されており、心不全患者の運動療法に対する主要な介入試験が網羅されている点は、運動療法研究の現況を把握する上で有用な情報源になるだろう。

 なお、今回の声明に関しAHAが発表したニュース・リリースによると、心不全患者3000人を対象とした無作為化比較試験の患者登録が、この3月から始まるという。NYHA心機能分類が2から4度の患者が対象で、「循環器専門施設での運動療法」と「運動を勧める患者教育」とを比較。運動療法の生命予後改善効果や、運動療法のリスクが高い患者群の同定などを検討する予定だ。

 この声明文のタイトルは、「Exercise and Heart Failure: A Statement From the American Heart Association Committee on Exercise, Rehabilitation, and Prevention」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466