2003.03.05

「重症心不全患者にも運動療法を」、AHAが声明

 米国心臓協会(AHA)は3月4日、心不全の運動療法に関する同学会の見解を発表した。生命予後改善効果は十分に示されていないものの、運動療法には血管機能や神経ホルモン分泌などを改善する作用があり、運動強度などを適切に設定すれば心移植を待つレベルの重度心不全患者でも安全に行えるとするもの。声明文は、同日付のCirculation誌に掲載された。

 心臓リハビリテーションの一環として、心不全患者への運動療法に取り組む医療機関は少なくない。しかし、そのような施設でも、重度心不全患者に対しては「安静」を指示することが多かった。今回の声明は、そうした重度心不全患者に対しても適切な運動療法を行うよう推奨した点で、従来の見解とは一線を画すものとなっている。

 一方、重症度などに応じた具体的な運動処方は呈示されておらず、実際の適用にあたっては個別に運動処方を組む必要がある。ただし、各種の介入研究で用いられた運動メニューは例示されており、心不全患者の運動療法に対する主要な介入試験が網羅されている点は、運動療法研究の現況を把握する上で有用な情報源になるだろう。

 なお、今回の声明に関しAHAが発表したニュース・リリースによると、心不全患者3000人を対象とした無作為化比較試験の患者登録が、この3月から始まるという。NYHA心機能分類が2から4度の患者が対象で、「循環器専門施設での運動療法」と「運動を勧める患者教育」とを比較。運動療法の生命予後改善効果や、運動療法のリスクが高い患者群の同定などを検討する予定だ。

 この声明文のタイトルは、「Exercise and Heart Failure: A Statement From the American Heart Association Committee on Exercise, Rehabilitation, and Prevention」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  2. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:62
  3. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:151
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:70
  5. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:66
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:537
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:275
  8. 「気流制限がない」気腫肺、見過ごされている潜在的… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:3
  9. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:268
  10. ミトコンドリア移植で遺伝病を予防できるか? NEJM誌から FBシェア数:44