2003.03.05

「重症心不全患者にも運動療法を」、AHAが声明

 米国心臓協会(AHA)は3月4日、心不全の運動療法に関する同学会の見解を発表した。生命予後改善効果は十分に示されていないものの、運動療法には血管機能や神経ホルモン分泌などを改善する作用があり、運動強度などを適切に設定すれば心移植を待つレベルの重度心不全患者でも安全に行えるとするもの。声明文は、同日付のCirculation誌に掲載された。

 心臓リハビリテーションの一環として、心不全患者への運動療法に取り組む医療機関は少なくない。しかし、そのような施設でも、重度心不全患者に対しては「安静」を指示することが多かった。今回の声明は、そうした重度心不全患者に対しても適切な運動療法を行うよう推奨した点で、従来の見解とは一線を画すものとなっている。

 一方、重症度などに応じた具体的な運動処方は呈示されておらず、実際の適用にあたっては個別に運動処方を組む必要がある。ただし、各種の介入研究で用いられた運動メニューは例示されており、心不全患者の運動療法に対する主要な介入試験が網羅されている点は、運動療法研究の現況を把握する上で有用な情報源になるだろう。

 なお、今回の声明に関しAHAが発表したニュース・リリースによると、心不全患者3000人を対象とした無作為化比較試験の患者登録が、この3月から始まるという。NYHA心機能分類が2から4度の患者が対象で、「循環器専門施設での運動療法」と「運動を勧める患者教育」とを比較。運動療法の生命予後改善効果や、運動療法のリスクが高い患者群の同定などを検討する予定だ。

 この声明文のタイトルは、「Exercise and Heart Failure: A Statement From the American Heart Association Committee on Exercise, Rehabilitation, and Prevention」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2