2003.02.24

肝癌PEI治療後のインターフェロン療法、長期生存率を改善

 C型肝炎ウイルス(HCV)による肝細胞癌に対し、エタノール注入療法(PEI)を受けた患者74人を対象とした無作為化試験で、PEI後にインターフェロン療法を受けた方が5年、7年生存率が高いことが明らかになった。PEIなど肝臓癌の局所療法後におけるインターフェロン療法の有用性が示されたのは初めて。岡山大学第一内科教授の白鳥康史氏、東京大学消化器内科教授の小俣政男氏らの研究で、Annals of Internal Medicine誌2月18日号に掲載された。

 わが国では肝臓癌の大半がHCV感染に由来するが、こうしたHCV関連の肝細胞癌では、再発率が極めて高いことが問題となっている。早期の肝細胞癌の治療には、外科切除またはPEIなどの局所療法が行われる。このうち外科切除については、症例数が少なく追跡期間も短いものの、インターフェロン療法が外科切除後の再発率を下げるとのデータが得られている。しかし、PEIなどの局所療法に関しては、施行後の再発予防に関して確たるデータが得られていなかった。

 白鳥氏らは、HCV由来の肝細胞癌患者のうち、腫瘍数が3個以下で、C型慢性肝炎が軽度(血中HCV RNA数が2×106以下)の74人を無作為に2群に分割。インターフェロン群(49人)に48週のインターフェロン療法を行い、インターフェロン療法を行わず経過観察した対照群(25人)と比較した。

 インターフェロン群の49人のうち、21人では生化学的マーカーが下がり、14人ではウイルス量の減少が認められた。初回の肝内再発率は両群で変わらなかったが、2回目、3回目の再発に関しては、インターフェロン群の方が低い傾向があった。

 さらに、5年生存率はインターフェロン群が68%と、対照群の48%より高いことが判明。7年生存率も同様に、インターフェロン群(53%)で対照群(23%)よりも高かった。

 今回の研究の対象患者は肝炎が比較的軽度である点や、試験が二重盲検法ではない点には留意すべきだが、研究グループは「症例を選べば、PEI後のインターフェロン療法で患者の生存率を改善できる可能性がある」とまとめている。

 この論文のタイトルは、「Interferon Therapy after Tumor Ablation Improves Prognosis in Patients with Hepatocellular Carcinoma Associated with Hepatitis C Virus」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5