2003.02.19

アスピリンにイブプロフェン併用で死亡率増加、心血管疾患既往者の後ろ向き研究で示唆

 アスピリンを服用している心血管系疾患患者が、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)のイブプロフェンを併用すると、心血管系死亡だけでなく総死亡も有意に増加するとするレトロスペクティブ(後ろ向き)研究結果が報告された。米国Ninewells医科大学のT. M. MacDonald氏とL. Wei氏によるもので、Lancet誌2月15日号に掲載された。

 同氏らは、心血管系疾患による入・退院後アスピリンを処方され、1カ月以上生存していた7107人のデータを解析。心血管系死亡や総死亡に併用薬が与える影響を評価した。観察期間の中央値は3.3年。

 その結果、イブプロフェンを併用していた187人では、アスピリン以外のNSAIDを服用していなかった6285人と比べ、総死亡の相対リスクが1.93倍になることが判明(95%信頼区間:1.30〜2.87、p=0.0011)。心血管系死亡も同様に1.73倍(同:1.05〜2.84、p=0.0305)となり、いずれも大幅に高くなることがわかった。一方、ジクロフェナクなどイブプロフェン以外のNSAID併用例(635人)では、このような死亡の増加は認められなかった。

 「少なくとも心血管疾患例においては、イブプロフェンがアスピリンと薬物相互作用を生じるという仮説を支持する結果」とMacDonald氏とWei氏は結論。同号のCommentaryでは、英国University of OxfordのGarret A. FitzGerald氏も、「アスピリンによる心筋梗塞・脳卒中二次予防作用が確立している以上、アスピリンとNSAIDを併用するのであればイブプロフェン以外を用いた方が好ましい」との見解を示している。

 この論文のタイトルは、「Effect of ibuprofen on cardioprotective effect of aspirin」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127