2003.02.19

アスピリンにイブプロフェン併用で死亡率増加、心血管疾患既往者の後ろ向き研究で示唆

 アスピリンを服用している心血管系疾患患者が、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)のイブプロフェンを併用すると、心血管系死亡だけでなく総死亡も有意に増加するとするレトロスペクティブ(後ろ向き)研究結果が報告された。米国Ninewells医科大学のT. M. MacDonald氏とL. Wei氏によるもので、Lancet誌2月15日号に掲載された。

 同氏らは、心血管系疾患による入・退院後アスピリンを処方され、1カ月以上生存していた7107人のデータを解析。心血管系死亡や総死亡に併用薬が与える影響を評価した。観察期間の中央値は3.3年。

 その結果、イブプロフェンを併用していた187人では、アスピリン以外のNSAIDを服用していなかった6285人と比べ、総死亡の相対リスクが1.93倍になることが判明(95%信頼区間:1.30〜2.87、p=0.0011)。心血管系死亡も同様に1.73倍(同:1.05〜2.84、p=0.0305)となり、いずれも大幅に高くなることがわかった。一方、ジクロフェナクなどイブプロフェン以外のNSAID併用例(635人)では、このような死亡の増加は認められなかった。

 「少なくとも心血管疾患例においては、イブプロフェンがアスピリンと薬物相互作用を生じるという仮説を支持する結果」とMacDonald氏とWei氏は結論。同号のCommentaryでは、英国University of OxfordのGarret A. FitzGerald氏も、「アスピリンによる心筋梗塞・脳卒中二次予防作用が確立している以上、アスピリンとNSAIDを併用するのであればイブプロフェン以外を用いた方が好ましい」との見解を示している。

 この論文のタイトルは、「Effect of ibuprofen on cardioprotective effect of aspirin」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正