2003.02.18

中年女性はご用心、「うつ」と頸動脈肥厚が相関

 大うつ病の再発歴を持つ中年女性では、頸動脈プラークを認めるケースがうつ症状のない例に比べ2倍にも増加していた−−。米国Pittsburgh大学のDeborah J. Jones氏らが、Archives of General Psychiatry誌2月号に報告した成績だ。

 Jones氏らは、Study of Women's Health Around the Nationという多施設臨床試験の参加施設の一つで、閉経前の健康な中年女性336人の頸動脈壁をBモードエコーを用いて測定。大うつ病の既往歴との相関を検討した。

 その結果、大うつ病に罹患した人では、非罹患者と比べ、頸動脈プラークが認められるケースが有意に多いことが判明。心血管系危険因子で補正後も、両者の相関は有意なままだった。

 さらに、大うつ病を再発した人では、大うつ病の既往がない人と比べ、頸動脈プラークのリスクが2倍以上になっていた(オッズ比:2.30、95%信頼区間:1.10〜4.82)。一方、大うつ病に罹患したが再発がないケースでは、このような相関は見られなかった。同様に、不安障害の既往と頸動脈肥厚・プラークの存在にも相関はなかった。

 以上からJones氏らは、大うつ病の再発は前臨床的な動脈硬化のリスクとなる可能性があると結論付けている。ただし、今回得られたデータからだけでは、うつ症状が頚動脈肥厚の原因なのか結果なのかはわからない。とはいえ、頚動脈プラークは脳卒中などの危険因子として注目されており、気になる報告であることは間違いなさそうだ。

 この論文のタイトルは、「Lifetime History of Depression and Carotid Atherosclerosis in Middle-aged Women」。アブストラクトは、こちらまで。(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:16
  3. 実態と乖離、ずさんな開業計画書に要注意 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  4. 患者を「監視」していないか? 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:42
  5. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:136
  6. 医師への時間外労働規制の適用は5年後に 政府が「働き方改革実行計画」を決定 FBシェア数:131
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:70
  8. 第102回薬剤師国試の合格率は71.58% 9479人の薬剤師が誕生、新卒合格率は85.06% FBシェア数:619
  9. アブレーション時のダビガトラン継続投与を評価 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:80
  10. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:335