2003.02.18

性的虐待の被害経験のある男性で、後に加害者側になる割合は11.6%

 児童期に性的虐待の被害に遭ったことがある男性を追跡調査した研究で、被害者が後に加害者になる割合は11.6%という結果が報告された。また、加害者側に回る危険因子としては、「動物に対する虐待性」が特に高く、「放置・保護の怠慢」「監督不行き届き」「成人女性からの性的虐待」などの要因も浮かび上がった。研究成果は、Lancet誌2月8日号に掲載された。

 この研究はロンドン大学児童保健研究所のDavid Skuse氏らが実施した。対象は、1980年1月1日から1992年12月1日までの間に、同大学付属病院の性的虐待外来に照会された患者(平均年齢11.0歳)で、1999年5月1日現在で18歳以上だった男性224例。社会サービス記録や診療録を元に、性的虐待の被害者であることを特定。一方、後に児童への性的虐待に関わった事例については、犯罪記録などをもとに確認した。その結果、成長してから児童への性的虐待の加害者側になっていたのは、26例(11.6%)あったという。

 研究グル−プはまた、後に児童への性的虐待に関わった事例(21例)と性的虐待に関わらなかった事例(83例)について相対危険度を検討し、加害者側に回る危険因子を分析した。

 その結果、動物に対する虐待性がオッズ比7.9(95%信頼区間:2.0〜31.4)と高く、放置・保護の怠慢(オッズ比3.4、95%信頼区間:1.2〜9.7)、監督不行き届き(オッズ比3.0、95%信頼区間:1.1〜8.3)、成人女性からの性的虐待(オッズ比3.0、95%信頼区間:1.1〜8.7)、頻繁な一連の家族内暴力(オッズ比3.1、95%信頼区間:1.0〜10.0)などが、後に加害者側に回る危険因子として浮かび上がった。

 この論文のタイトルは、「Development of sexually abusive behaviour in sexually victimised males: a longitudinal study」。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18