2003.02.17

FDAが心筋梗塞のスクリーニングに新たな血液検査承認、従来より精度が2割向上

 米国食品医薬品局(FDA)は2月14日、激しい胸痛を訴える患者に対して、心筋梗塞ではないことを見極めるのに役立つ新たな血液検査、「Albumin Cobalt Binding」(ACB)を承認した。血中の異常アルブミンについて調べるもので、心筋梗塞のスクリーニングに用いる血液検査としては、1994年に承認されたトロポニン試験以来、初めて。

 これまで、心電図とトロポニン試験のみでは、心筋梗塞ではないことを約50%の精度でしか予測できなかったが、これに加えてACB試験を行うことで、その特異性が約70%に上がるという。

 FDAによると、米国では毎年、約300万〜500万人が心筋梗塞の疑われる症状で病院の救急室を訪れるという。だが、そのうち実際に心筋梗塞と診断されるのは約22%に過ぎないとしている。

 ACB試験の製造元は、Ischemia Technologies社(Colorado州Arvada)。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:76
  2. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:156
  3. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:4
  4. 油断して言うと必ず何かが起こるアノ言葉!! 病院珍百景 FBシェア数:14
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:190
  6. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:4
  7. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:94
  8. 有名医学雑誌は編集者の利益相反対策が必要 BMJ誌から FBシェア数:10
  9. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:28
  10. 【漫画】手帳シールの拒否が招いたトラブル ガンバレ薬剤師 FBシェア数:43