2003.02.17

FDAが心筋梗塞のスクリーニングに新たな血液検査承認、従来より精度が2割向上

 米国食品医薬品局(FDA)は2月14日、激しい胸痛を訴える患者に対して、心筋梗塞ではないことを見極めるのに役立つ新たな血液検査、「Albumin Cobalt Binding」(ACB)を承認した。血中の異常アルブミンについて調べるもので、心筋梗塞のスクリーニングに用いる血液検査としては、1994年に承認されたトロポニン試験以来、初めて。

 これまで、心電図とトロポニン試験のみでは、心筋梗塞ではないことを約50%の精度でしか予測できなかったが、これに加えてACB試験を行うことで、その特異性が約70%に上がるという。

 FDAによると、米国では毎年、約300万〜500万人が心筋梗塞の疑われる症状で病院の救急室を訪れるという。だが、そのうち実際に心筋梗塞と診断されるのは約22%に過ぎないとしている。

 ACB試験の製造元は、Ischemia Technologies社(Colorado州Arvada)。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「これって労災ですよね」 腰痛の職員が院長に要求 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:41
  2. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:4
  3. 90歳代女性。食欲低下、息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 頭痛の問診を見れば医師の能力が分かる 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:56
  5. CKDガイドラインと整合性のあるJSH2019に 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:52
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:104
  7. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:100
  8. 医院の開設工事に着手、地中から出てきたのは… 開業の落とし穴 FBシェア数:40
  9. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  10. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:43
医師と医学研究者におすすめの英文校正