2003.02.17

FDAが心筋梗塞のスクリーニングに新たな血液検査承認、従来より精度が2割向上

 米国食品医薬品局(FDA)は2月14日、激しい胸痛を訴える患者に対して、心筋梗塞ではないことを見極めるのに役立つ新たな血液検査、「Albumin Cobalt Binding」(ACB)を承認した。血中の異常アルブミンについて調べるもので、心筋梗塞のスクリーニングに用いる血液検査としては、1994年に承認されたトロポニン試験以来、初めて。

 これまで、心電図とトロポニン試験のみでは、心筋梗塞ではないことを約50%の精度でしか予測できなかったが、これに加えてACB試験を行うことで、その特異性が約70%に上がるという。

 FDAによると、米国では毎年、約300万〜500万人が心筋梗塞の疑われる症状で病院の救急室を訪れるという。だが、そのうち実際に心筋梗塞と診断されるのは約22%に過ぎないとしている。

 ACB試験の製造元は、Ischemia Technologies社(Colorado州Arvada)。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7