2003.02.10

FDA、ソマン被爆に臭化ピリドスチグミンの事前投与を動物データのみで承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2月5日、強いコリンエステラーゼ阻害物質であるソマンへの被爆対策として、臭化ピリドスチグミンの事前投与を、米国軍人の闘争用として承認した。FDAでは2002年6月30日から、通称「animal efficacy rule」と呼ばれる規則により、ヒトを対象にした治験が倫理的理由などから難しい際には動物実験データを元に承認を行うことを認めているが、今回の承認は、同規則を適用した初めての例という。

 主にサルとギニピグを対象に行った研究結果では、ソマンへの被爆前に臭化ピリドスチグミンを投与し、被爆後にアトロピンとプラリドキシムを投与することで、生存率が増加したという。

 FDAはまた、臭化ピリドスチグミンは、1955年から重症筋無力症の治療薬として承認されているため、そのデータを元に安全性を評価したという。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
  2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
  4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
  5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
  6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
  7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
  8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
  9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
  10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正