2003.02.10

FDA、ソマン被爆に臭化ピリドスチグミンの事前投与を動物データのみで承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2月5日、強いコリンエステラーゼ阻害物質であるソマンへの被爆対策として、臭化ピリドスチグミンの事前投与を、米国軍人の闘争用として承認した。FDAでは2002年6月30日から、通称「animal efficacy rule」と呼ばれる規則により、ヒトを対象にした治験が倫理的理由などから難しい際には動物実験データを元に承認を行うことを認めているが、今回の承認は、同規則を適用した初めての例という。

 主にサルとギニピグを対象に行った研究結果では、ソマンへの被爆前に臭化ピリドスチグミンを投与し、被爆後にアトロピンとプラリドキシムを投与することで、生存率が増加したという。

 FDAはまた、臭化ピリドスチグミンは、1955年から重症筋無力症の治療薬として承認されているため、そのデータを元に安全性を評価したという。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:38
  2. 13歳女児。増大傾向にある肝病変 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:269
  4. 「土俵×女性」問題で虎が感じた違和感 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:26
  5. 2018改定で中小病院を「優遇」…病床減らす? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:45
  6. いまだに減らない「いきなりAIDS」 厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会が報告 FBシェア数:65
  7. H2ブロッカー:ガスター人気の拡大続く NMO処方サーベイ FBシェア数:54
  8. 専門医の更新は?メスを置いた後でもOK? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-2》 FBシェア数:17
  9. 面談の極意は「目的が伝わる組み立て」にあり 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか FBシェア数:200
  10. 搬送された「意識障害」の年齢別原因と転帰 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
医師と医学研究者におすすめの英文校正