2003.01.29

「心疾患中等度リスク者には高感度CRP検査を」、AHAとCDCが勧告

 米国心臓協会(AHA)と米国疾病対策センター(CDC)は1月28日、心血管疾患の中等度リスク者に対し、代表的な炎症マーカーであるC反応性蛋白(CRP)の高感度検査を実施するよう推奨する共同声明を発表した。声明文は、AHAの学術誌であるCirculation誌1月28日号に掲載された。

 この声明は、昨年3月にAHAとCDCが共同で開催した、心血管疾患における炎症マーカーの臨床応用に関するワークショップでの議論に基づくもの。将来の心血管疾患発症リスクが中等度と見積もられる患者に対し、より正確なリスク判定を行うために、炎症マーカー検査を行うよう勧告がなされた。

 測定すべき炎症マーカーとしては、血清アミロイドA(SAA)や白血球数、フィブリノーゲンなど様々なマーカーが俎上に上ったが、十分な臨床的エビデンスがあるのは高感度CRPのみとの結論になった。

 CRP値の心血管疾患リスク判定上の閾値については、1.0mg/dl未満を「低リスク」、1.0〜3.0mg/lを「中等リスク」、3.0mg/lを超える場合を「高リスク」と規定。高リスク者の冠動脈疾患10年発症率は低リスク者のおよそ2倍と見積もれるという。

 CRP値の測定はおよそ2週間隔で2回行い、その平均値を用いる。ただし、測定値が10mg/lを超える場合は、何らかの感染症の影響が考えられるため、測定値を捨て適切な期間後に再測定を行うべきとした。また、CRP値の単位については「mg/l」のみを用いるべきとしている。

 なお声明文では、炎症マーカー検査は血圧測定や血清脂質検査などのようにルーチンに実施する検査ではないことが強調されている。また、治療方針を決める上では有用だが、治療効果判定マーカーとしての意義は未確定と注記されている。

 この声明文のタイトルは、「Markers of Inflammation and Cardiovascular Disease: Application to Clinical and Public Health Practice: A Statement for Healthcare Professionals From the Centers for Disease Control and Prevention and the American Heart Association」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。この件に関するAHAのニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13