2003.01.24

大鵬薬品、「アイピーディ」の国外開発・製造販売権を山之内製薬にライセンス

 大鵬薬品と山之内製薬は1月23日、大鵬薬品が創製した抗アレルギー薬「アイピーディ」(一般名:トシル酸スプラタスト、開発コード:IPD-1151T)について、海外における開発、製造、販売権を山之内製薬に独占的にライセンスするとの契約を締結したと発表した。同薬は既に気管支喘息、アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎を適応症としてわが国で販売されており、国内で間質性膀胱炎などへの適応拡大に向けた第2相試験を行っていた。今後は海外での臨床開発を山之内製薬が実施する。

 トシル酸スプラタストは、ヘルパーT細胞由来のサイトカインの産生を抑えることで、抗アレルギー作用を示すとされる。間質性膀胱炎はアレルギーや自己免疫疾患などが発症原因と考えられており、米国では45〜100万人程度の患者がいると推定されている。

 この件に関するニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
  4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
  5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
  6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
  7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
  9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
  10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正