2003.01.10

USPSTFがプライマリ・ケアでの食事指導ガイドラインを改訂、食習慣関連慢性疾患患者へのカウンセリングを推奨

 米国予防医療専門委員会(USPSTF)は1月2日、プライマリ・ケアにおける食事指導に関する改訂ガイドラインを発表した。USPSTFは、米国厚生省(HHS)の下部組織、Agency for Healthcare Research and Quality(AHRQ:医療分野の研究と質向上を支援する部門)の諮問機関。ガイドラインの全文と、根拠となった臨床研究の解析結果は、American Journal of Preventive Medicine誌1月号に掲載された。

 改訂ガイドラインでは、高脂血症など病態に食習慣が関与する疾患の患者に対し、健康的な食習慣に向け行動変容を促すカウンセリングを行うよう推奨。一方、外来受診患者全例に対し、ルーチンに食事指導を行うことに関しては、エビデンス不足を理由に判断を保留している。

 このガイドラインのタイトルは、「Behavioral Couseling in Primary Care to Promote a Healthy Diet: Recommendations and Rationale」。AHRQホームページ上の「Counseling」から、ガイドラインや根拠となった論文の網羅的レビューなど関連情報を入手できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18