2003.01.10

USPSTFがプライマリ・ケアでの食事指導ガイドラインを改訂、食習慣関連慢性疾患患者へのカウンセリングを推奨

 米国予防医療専門委員会(USPSTF)は1月2日、プライマリ・ケアにおける食事指導に関する改訂ガイドラインを発表した。USPSTFは、米国厚生省(HHS)の下部組織、Agency for Healthcare Research and Quality(AHRQ:医療分野の研究と質向上を支援する部門)の諮問機関。ガイドラインの全文と、根拠となった臨床研究の解析結果は、American Journal of Preventive Medicine誌1月号に掲載された。

 改訂ガイドラインでは、高脂血症など病態に食習慣が関与する疾患の患者に対し、健康的な食習慣に向け行動変容を促すカウンセリングを行うよう推奨。一方、外来受診患者全例に対し、ルーチンに食事指導を行うことに関しては、エビデンス不足を理由に判断を保留している。

 このガイドラインのタイトルは、「Behavioral Couseling in Primary Care to Promote a Healthy Diet: Recommendations and Rationale」。AHRQホームページ上の「Counseling」から、ガイドラインや根拠となった論文の網羅的レビューなど関連情報を入手できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 90歳女性。内視鏡検査中の急な心停止 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:24
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:85
  3. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  4. 救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》 FBシェア数:266
  5. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  6. 早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機に 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:49
  7. 胸を手で押さえた後に生じた<一過性意識消失> 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:76
  8. 論文を正しく読むのはけっこう難しい NMO STORE レビュー FBシェア数:1
  9. 焦ると大声が出る院長、パワハラ加害者に? 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:47
  10. エクアの便秘ではアレを疑え!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正