2003.01.09

未治療の多発性骨髄腫に対するサリドマイド療法の治療成績が論文発表、ステロイドとの併用で好成績

 未治療の多発性骨髄腫に対する、サリドマイド単剤の治療効果が論文発表された。治療への反応率は36%と、既存の治療に抵抗性の患者を対象とした場合の臨床成績とほぼ同程度だった。さらに、サリドマイドとステロイド薬のデキサメタゾン(わが国での商品名:デカドロンなど)とを併用した場合、反応率は73%と、単剤投与の場合よりもかなり高いことがわかった。研究結果は、Journal of Clinical Oncology(JCO)誌1月1日号に掲載された。

 多発性骨髄腫の治療法として、サリドマイドとデキサメタゾンの併用療法の有効性が注目されているが、今回の発表はそれを支持する結果と言える。また、サリドマイドを“最後の手段”として取っておくのではなく、初回から第一選択の治療法として使うという、新たな治療戦略にも道を開くものとなりそうだ。

 米国Texas大学M.D.Anderson癌センターの研究グループは、1999年5月から2001年9月の間に、未治療の無症状で進行するリスクの高い多発性骨髄腫患者28人に対して、サリドマイド単剤による治療を行った。これとは別に、2000年7月から2001年7月の間に、未治療の症状の有る多発性骨髄腫患者40人に対して、サリドマイドとデキサメタゾンの併用による治療を行った。

 治療への反応率は、サリドマイド単独では10人(36%)、併用治療では29人(73%)だった。併用治療を受けたうち5人では、完全寛解(CR)が得られた。治療に反応した患者で寛解が得られるまでの時間は、サリドマイド単独治療では4.2カ月、併用治療では0.7カ月だった。

 これは二つの別個のケース・シリーズ(症例集積)であり、患者背景が異なるため、結果を単純に比較するわけにはいかない。しかし、著者らの文献的な検討によれば、未治療の多発性骨髄腫患者に対する治療としては、他の治療法に比べて、今回実施したサリドマイドとデキサメタゾンの併用治療の反応率が高かった。著者らはまた、デキサメタゾンと併用することにより、サリドマイドの投与量が少なくて済み、副作用が避けられることも評価している。

 なお、わが国でも日本骨髄腫研究会が、既治療の多発性骨髄腫患者を対象にサリドマイドとデキサメタゾンの併用療法を行い、安全性と有効性を調べる臨床研究を昨年末に開始している。

 この論文のタイトルは、「Thalidomide Alone or With Dexamethasone for Previously Untreated Multiple Myeloma」。アブストラクトは、こちらまで。(北澤京子、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:863
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:5
  3. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:254
  4. 動かなくなって気付く…左母指の重要性 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:32
  5. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:198
  6. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  7. 使い捨て医療機器は「再利用」から「再製造」へ インタビュー◎院内での中途半端な洗浄・滅菌はやめよう FBシェア数:196
  8. 患者指導にとって言葉は聴診器以上に大切だ 追悼◆日野原重明氏《インタビュー再録》 FBシェア数:991
  9. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:102