2002.12.18

A2受容体拮抗薬の採用が拡大−−高血圧治療に関する調査

 MedWaveが10月から11月にかけて実施した「高血圧治療に関する調査」によると、A2受容体拮抗薬(ARB)を選択する医師が内科医を中心に大幅に増えていることが明らかになった。

 調査では、主要な降圧薬46銘柄を対象に、採用状況をはじめ、採用理由や合併症別の第1選択薬、銘柄自体やマーケティング活動の評価などについて明らかにした。主に第1選択薬として処方している降圧薬の系統を調べたところ、専門医(循環器内科医)では、ACE阻害薬を挙げた医師は31.1%、Ca拮抗薬は33.8%、ARBは32.4%で、この3系統がほぼ拮抗していた(回答数74)。これを前回調査(2001年)と比較すると、Ca拮抗薬は20ポイント近く減少し、その分ARBが伸びるという結果だった(前回の回答数92)。

 また、その他の内科医では、Ca拮抗薬が54.5%、ARBが29.3%、ACE阻害薬15.0%だった(回答数167)。前回との比較では、Ca拮抗薬は60.6%から54.5%に減少したものの依然として半数以上の医師が支持していた。その一方で、ARBが13.3%から29.3%に伸び、逆にACE阻害薬は23.5%から15.0%へ減少していた(前回の回答数226)。なお、その他医師(回答数103)では、ほぼ前回同様の結果だった。

 調査方法は、調査票の発送、回収のすべてをインターネットで実施。MedWaveのメーリングリストに登録している医師にアンケートサイトを告知し、webサイトを通じて回答を回収した。調査回答数は344人(循環器内科医74人、その他の内科医167人、その他の医師103人)。

==== お知らせ ============================

「医薬品マーケティング調査◇降圧薬の採用・評価の実態」を提供

 高血圧治療の実態調査の結果ですが、銘柄別の分析結果とリポート(CD-ROM付き)につきましては、マーケティングデータとして製薬企業を対象に販売致します。詳細については以下へお問い合わせください。
■〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6  
日経BP社 医療局広告(担当:柴谷、電話:03-5210-8036、FAX:03-5210-8321、 E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp )
======================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46