2002.12.18

A2受容体拮抗薬の採用が拡大−−高血圧治療に関する調査

 MedWaveが10月から11月にかけて実施した「高血圧治療に関する調査」によると、A2受容体拮抗薬(ARB)を選択する医師が内科医を中心に大幅に増えていることが明らかになった。

 調査では、主要な降圧薬46銘柄を対象に、採用状況をはじめ、採用理由や合併症別の第1選択薬、銘柄自体やマーケティング活動の評価などについて明らかにした。主に第1選択薬として処方している降圧薬の系統を調べたところ、専門医(循環器内科医)では、ACE阻害薬を挙げた医師は31.1%、Ca拮抗薬は33.8%、ARBは32.4%で、この3系統がほぼ拮抗していた(回答数74)。これを前回調査(2001年)と比較すると、Ca拮抗薬は20ポイント近く減少し、その分ARBが伸びるという結果だった(前回の回答数92)。

 また、その他の内科医では、Ca拮抗薬が54.5%、ARBが29.3%、ACE阻害薬15.0%だった(回答数167)。前回との比較では、Ca拮抗薬は60.6%から54.5%に減少したものの依然として半数以上の医師が支持していた。その一方で、ARBが13.3%から29.3%に伸び、逆にACE阻害薬は23.5%から15.0%へ減少していた(前回の回答数226)。なお、その他医師(回答数103)では、ほぼ前回同様の結果だった。

 調査方法は、調査票の発送、回収のすべてをインターネットで実施。MedWaveのメーリングリストに登録している医師にアンケートサイトを告知し、webサイトを通じて回答を回収した。調査回答数は344人(循環器内科医74人、その他の内科医167人、その他の医師103人)。

==== お知らせ ============================

「医薬品マーケティング調査◇降圧薬の採用・評価の実態」を提供

 高血圧治療の実態調査の結果ですが、銘柄別の分析結果とリポート(CD-ROM付き)につきましては、マーケティングデータとして製薬企業を対象に販売致します。詳細については以下へお問い合わせください。
■〒102-8622 東京都千代田区平河町2-7-6  
日経BP社 医療局広告(担当:柴谷、電話:03-5210-8036、FAX:03-5210-8321、 E-mail nm-ad@nikkeibp.co.jp )
======================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1