2002.12.12

米国厚生省、発癌性物質レポートでエストロゲンや木製ダストなど追加

 米国厚生省(HHS)は12月11日、発癌性物質に関する報告書「Report on Carcinogens」を公表した。これは、新しい研究結果を元に隔年発行されているもので、今回で10回目。この中で、エストロゲンや木製ダスト、広域スペクトル紫外線などが、新たに「発癌性物質として知られているもの」として追加された。

 エストロゲンは、閉経後の女性のエストロゲン補充療法や経口避妊薬として使われている。報告書によると、エストロゲン補充療法が子宮内膜癌リスクの増加に関連していることを示す、一貫した研究結果が出たという。また、一貫性は低いものの、乳癌リスクの増加を示す研究結果もあるという。

 また、エストロゲンを含む経口避妊薬については、乳癌リスクの増加に関連する可能性があるものの、卵巣癌や子宮内膜癌は逆にリスクを減らす可能性があるとしている。

 広域スペクトル紫外線については、報告書内で、皮膚癌や唇の癌、眼の黒色腫との因果関係を示す研究結果を引用している。木製ダストはまた、鼻腔や前頭洞などの洞の発癌リスクを増やすという。

 この他、ニッケル化合物、ベリリウムとその化合物が、今回新たに「発癌性物質として知られているもの」として加えられた。

 詳しくは、米国立衛生研究所(NIH)による、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14