2002.12.12

米国厚生省、発癌性物質レポートでエストロゲンや木製ダストなど追加

 米国厚生省(HHS)は12月11日、発癌性物質に関する報告書「Report on Carcinogens」を公表した。これは、新しい研究結果を元に隔年発行されているもので、今回で10回目。この中で、エストロゲンや木製ダスト、広域スペクトル紫外線などが、新たに「発癌性物質として知られているもの」として追加された。

 エストロゲンは、閉経後の女性のエストロゲン補充療法や経口避妊薬として使われている。報告書によると、エストロゲン補充療法が子宮内膜癌リスクの増加に関連していることを示す、一貫した研究結果が出たという。また、一貫性は低いものの、乳癌リスクの増加を示す研究結果もあるという。

 また、エストロゲンを含む経口避妊薬については、乳癌リスクの増加に関連する可能性があるものの、卵巣癌や子宮内膜癌は逆にリスクを減らす可能性があるとしている。

 広域スペクトル紫外線については、報告書内で、皮膚癌や唇の癌、眼の黒色腫との因果関係を示す研究結果を引用している。木製ダストはまた、鼻腔や前頭洞などの洞の発癌リスクを増やすという。

 この他、ニッケル化合物、ベリリウムとその化合物が、今回新たに「発癌性物質として知られているもの」として加えられた。

 詳しくは、米国立衛生研究所(NIH)による、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0
  2. 定量的輸液の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:15
  3. セクシー男優の疑問を感染症医がずばり解決 Cadetto通信 FBシェア数:847
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:569
  5. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:25
  6. 「見捨てられ感」を払拭する二人主治医制 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」 FBシェア数:197
  7. 「外科をあなたに任せたい」が移籍の決め手に ルポ:50代の転職(2)◎勤務先の経営者交代により退職を決意 FBシェア数:91
  8. 百日咳、定点から全数把握へ変更、来年1月から 成人含む百日咳患者の発生動向を正確に把握 FBシェア数:95
  9. ピュアに働くほど「やりがい搾取」されるんだよ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:2
  10. 「点滴は30分ほどで終わります。先にお手洗いに行… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:0