2002.12.12

米国厚生省、発癌性物質レポートでエストロゲンや木製ダストなど追加

 米国厚生省(HHS)は12月11日、発癌性物質に関する報告書「Report on Carcinogens」を公表した。これは、新しい研究結果を元に隔年発行されているもので、今回で10回目。この中で、エストロゲンや木製ダスト、広域スペクトル紫外線などが、新たに「発癌性物質として知られているもの」として追加された。

 エストロゲンは、閉経後の女性のエストロゲン補充療法や経口避妊薬として使われている。報告書によると、エストロゲン補充療法が子宮内膜癌リスクの増加に関連していることを示す、一貫した研究結果が出たという。また、一貫性は低いものの、乳癌リスクの増加を示す研究結果もあるという。

 また、エストロゲンを含む経口避妊薬については、乳癌リスクの増加に関連する可能性があるものの、卵巣癌や子宮内膜癌は逆にリスクを減らす可能性があるとしている。

 広域スペクトル紫外線については、報告書内で、皮膚癌や唇の癌、眼の黒色腫との因果関係を示す研究結果を引用している。木製ダストはまた、鼻腔や前頭洞などの洞の発癌リスクを増やすという。

 この他、ニッケル化合物、ベリリウムとその化合物が、今回新たに「発癌性物質として知られているもの」として加えられた。

 詳しくは、米国立衛生研究所(NIH)による、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正