2002.12.10

住友製薬、新規アントラサイクリン系肺癌治療薬を発売

 住友製薬は12月6日、アントラサイクリン系抗癌薬の塩酸アムルビシン(商品名:カルセド)を発売した。世界初の全合成アントラサイクリン系薬で、適応症は非小細胞肺癌(NSCLC)と小細胞肺SCLC)。薬価収載に当たっては有用性加算(2)が適用された。

 臨床試験における奏効率(部分寛解=PRと完全寛解=CRの和)は、NSCLCが23.1%、SCLCが75.8%。骨髄抑制などの副作用発現率は従来薬と同程度だという。薬価は、20mg1瓶が8766円、50mg1瓶が1万9662円。この件に関する住友製薬のプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:73
  4. 糖尿病合併高血圧は尿蛋白陰性ならCa拮抗薬も 特集◎生活習慣病 7つの新常識《2》 FBシェア数:5
  5. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:550
  6. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:60
  7. 母親の終末期を巡る兄弟の葛藤への対処法 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:113
  8. 第二世代抗ヒスタミン薬:アレグラ人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  9. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:414
  10. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:65
医師と医学研究者におすすめの英文校正