2002.12.06

抗アレルギー薬「クラリチン」、米で12月中旬にもOTC薬が発売

 わが国で今年9月に発売され、大型化が期待されている医療用の抗アレルギー薬「クラリチン」(一般名:ロラタジン)が、イギリス、ドイツに続き米国でも大衆薬に転用(スイッチOTC化)されることになった。米国食品医薬品局(FDA)が11月27日に承認したもの。12月中旬にも、全米のドラッグストアでOTC薬としての販売が始まる。

 ロラタジンは持続性のヒスタミンH1受容体拮抗薬で、1日1回の服用で済み、眠気を催しにくい点が特徴。世界100カ国以上で販売されており、抗アレルギー薬では売上げ第一位を誇る。OTC薬として承認された剤型は5種類で、いずれも医療用医薬品と同じ用量。商品名も医療用薬と同じ「クラリチン」を用いる。

 今回のOTC化で、「“クラリチン”ブランドは、米国の市販アレルギー薬では唯一、眠くなりにくく、かつ成人と2歳以上の小児に使える薬剤となる」と開発・発売元の米国Shering-Plough社。米国では2000万人が、アレルギー症状を市販薬で自己治療(セルフ・メディケーション)しているとみられており、市販薬の分野でもナンバーワンブランドへと育て上げたい考えだ。

 わが国では1983年以来、医療用医薬品55成分がスイッチOTC化されており、うち2成分が抗アレルギー薬。厚生労働省の一般用医薬品承認審査合理化等検討委員会は今年11月、「セルフメディケーションにおける一般用医薬品のあり方について」と題した中間報告書を発表している。同報告書では、安全対策を踏まえつつスイッチOTC化を促進する方針を明らかにしており、今後の動向に注目が集まりそうだ。

 ロラタジンのOTC化に関するFDAのニュース・リリースはこちら、Shering-Plough社のニュース・リリースはこちらまで。厚生労働省の一般用医薬品承認審査合理化等検討委員会の中間報告書は、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0