2002.12.04

新規スイッチOTC配合の水虫薬が年初にも発売

 佐藤製薬はこのほど、塩酸ブテナフィン(医療用薬の商品名:メンタックス、ボレー)を配合した水虫治療薬「ラマストンMXクリーム・液」を、2003年1月にも発売すると発表した。塩酸ブテナフィンは、医療用医薬品を大衆薬(一般用医薬品)に転用した、いわゆるスイッチOTC。今年4月にスイッチOTCとして了承された抗真菌薬4種類のうちの一つで、同時期に承認された成分・商品の中では、初めて店頭に並ぶ商品となる見込みだ。

 4月にOTC化が了承された医療用医薬品成分は5種類で、うち4種類が抗真菌薬。塩酸ブテナフィンは「ラマストン」シリーズのほか、武田薬品工業の「スコルバ」シリーズなどへの配合が決まっている。塩酸ネチコナゾール(同:アトラント)配合の水虫薬はエスエス製薬から、塩酸アモロルフィン(同:ペキロン)配合の水虫薬は「ダマリン」シリーズを擁する大正製薬などから発売される予定だが、時期はいずれも未定。

 もう一つの塩酸テルビナフィン(同:ラミシール)は、特に爪白癬の特効薬として、経口薬が医療機関でイトラコナゾール(同:イトリゾール)と並び頻用されている成分。大衆薬としてはクリーム剤などの外用薬としてのみ販売するが、大衆薬としての承認はこれからで、成分を前面に打ち出した独自ブランドを確立する可能性がある一方、大手既存ブランドに配合される可能性もある。

 水虫治療薬は早くから成分のスイッチOTC化が進んだ領域の一つで、現在売れ筋の商品の大半が、硝酸ミコナゾール(同:フロリードなど)やビホナゾール(同:マイコスポールなど)、硝酸オキシコナゾール(同:オキナゾールなど)といったスイッチOTC成分を含む。「スイッチOTC成分を含んでいる」ことが消費者への大きなアピール点の一つとなっており、来夏の水虫シーズンを前に、各社の販売競争が激化しそうだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34