2002.12.03

キッセイ薬品、頻尿・尿失禁の新薬候補「KUC-7483」をBoehringer社に導出

 キッセイ薬品工業は11月29日、同社が創生した頻尿・尿失禁治療薬候補物質「KUC-7483」(開発コード)を、ドイツBoehringer Ingelheim社にライセンス導出したと発表した。今後はBoehringer Ingelheim社が欧米での臨床開発を進め、その成果を活用してキッセイ薬品工業が日本、韓国、中国と台湾での開発を行う。

 KUC-7483は、膀胱のβ3受容体を選択的に刺激する新規物質。膀胱を弛緩させ、蓄尿機能を高めることで頻尿や尿失禁を治療する。従来薬(抗コリン薬)とは異なる作用機序を持つため、頻尿・尿失禁治療の選択の幅を広げる薬剤となる可能性がある。

 現在の開発段階は、キッセイ薬品工業の欧州現地法人が、欧州での第1相試験を行っているところ。今後、Boehringer Ingelheim社が欧州での臨床開発を引き継ぎ、米国でも臨床開発を進める。今回の契約で、Boehringer Ingelheim社は、日本、韓国、中国と台湾を除く全世界での独占的な開発・販売権を保有する。詳しくは、キッセイ薬品工業のプレス・リリースまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124